FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

文荷のつづき

一日、飛んでしまいました。

さて続きです。
二人は最初、仲良く歩いていますが、後ろを担う太郎冠者が文を下げた紐を前にずらし次郎冠者の背中の方に寄せてしまいます。
これに次郎冠者は、文が重くなったと文句を言い、真ん中に戻すことになり、また二人で担って歩きます。
シテはこの様子を謡に作って謡おうと思うと言い出し「しめじがはらだちや」と謡い出します。謡曲恋重荷の一部分ですが、茂山家の丸石やすしさんがシテをされた時は、もう少し前の「重くとも心添えて持てや持てや下人」から謡い出しました。どこを謡うかは流儀や家によって様々な様子です。岩波書店刊の古本能狂言集に収録されている虎明本でみると、文荷のこの部分は「よしなきこひをするがなる」と始まり、詞章も少し違っています。
この謡をシテとアドが謡いながら、文を下げた竹を担っている訳ですが、私が観た限りでは「わが手枕の方かへて」のところで声をかけて竹を反対側の肩に担い直します。「方かへて」を「肩替えて」に洒落て担い直すわけですが、この辺りも本曲の好きなところ。
ところで今回はじめて気付いたのは、この謡の終わりが謡曲では「そも恋は何の重荷ぞ」とあるところ「そも文は何の重荷ぞ」と謡っていたこと。おやっと思って和泉流狂言大成を見てみると、こちらも「文」になっています。和泉流はここでも、恋の重荷を文の重荷に言い換えている様子です。現行の大藏流がどうだったのか、この部分を意識したことが無かったので、いずれまた本曲を観る時にでも注意してみようと思います。
さてしばらくは竹を担って歩いていた二人ですが、手紙の中が気になります。シテが開けてみようと言い出し、「同心でない」と断った次郎冠者も、太郎冠者が開いてしまった手紙を取り合いして読み出します。
このやり取りの中で、手紙を読んだ太郎冠者は「恋し 恋し」と小石が沢山書かれているので重いと言い、続く次郎冠者は「おなつかしさは富士の山にて候」と、富士山まで書き込んであるので重いというやり取りなっています。このやり取りも、流儀や家によって異なる様子で、古本にもある「海山」と書いてあるので重いというのが古い形であろうと思います。
二人で取り合いの末に手紙を破ってしまい、小歌節で謡ながら扇で煽いでいると主人が様子を見に来ます。これに「お返事でござる」と破れた手紙を差し出し、主人が二人を追い込む訳ですが、何度観ても面白い一番でした。
舞台の様子と言いながら、詞章の話ばかり事細かに書いてしまいました。当日はコロナ対応で見所もいささか寂しい状況でしたが、狂言は皆さん楽しそうに観ていた様子。萬斎さんの舞台も久しぶりでしたが、あらためて、上手いなあとしみじみ思った次第です。
(24分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



藍染川 中森貫太(能を知る会横浜公演)

観世流 横浜能楽堂 2020.03.12
 シテ 中森貫太
  子方 富坂唐
  ワキ 福王和幸
  左近尉 福王知登、神主の従者 村瀬慧
  アイ 野村萬斎
   大鼓 亀井広忠、小鼓 飯田清一
   太鼓 小寺真佐人、笛 杉信太朗

中森貫太さんのブログ「お能を見せますぞえ」を拝見すると、この曲の特殊性から、上演後には「この日上演できなければよほど運に恵まれ条件が重ならない限りは延期・再演は難しい状況」と書いておられますが、本当に得難い機会であったと思います。特に子方が優秀でないとできないことや、ワキ方や狂言方が大変難しいことなどが触れられていて、以前にシテがあまり活躍しないから上演されないのかなどと書きましたが、事情はかなり異なる様子です。
ともかくも、昨年観た金春流本田光洋さんの藍染川(以下、昨年と略します)との比較を交えながら、舞台の様子を書いておこうと思います。

地謡、囃子方が座に着くと、ワキツレ左近尉の知登さんが登場し出し置きの形で笛座前に着座します。昨年と着座の位置は違いますが同様の形。左近尉が着座すると次第が奏されて子方、シテの出です。
先に立った子方は朱地の箔に紫の稚児袴で一ノ松に、あとから出たシテは無紅唐織着流しで幕前に立ち向き合って次第を謡います。シテの装束、昨年は水衣を着けて笠を被るなど旅装を強調した感じでしたが、今回は着流しでの登場でした。

次第からシテのサシ、下歌、上歌と続いて宰府に着いたとおさめ、宿を借りようと子方に言って常座の少し前あたりから案内を請います。
左近尉が応対をし、女性旅人なので奥の間にしようと言って二人を中へ招じ入れます。ワキツレ左近尉が常座に移り、シテと子方は笛座前に進んで着座します。シテ、子方の位置取りが地謡前に座した昨年とは些か違います。シテが宰府の神主殿という方はお出でかと問い、左近尉が神主殿は在所の主で自分もその身内だと答えると、シテは都から文を預かってきたので神主殿に渡してほしいと頼みます。
昨年の公演でも、シテは左近尉が神主の身内と聞いて、嬉しやと言いこの文を渡して欲しいと乞いましたが、観世の詞章の「都より文をことづかりて候」というような下りはありません。この都から手紙を言付かってきたという言い回しは、考えてみるとなんだか意味深長な感じがします。
ともかくも、左近尉は快く同意して立ち上がり、シテの差し出した文を受け取ると橋掛りに進んで一ノ松に立ち、幕に向かって案内を請います。
これに答えてアイ神主の妻の萬斎さんが登場してきます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

藍染川のつづき

左近尉は、神主を尋ねて都から女性旅人がやって来て神主殿に手紙を渡してほしいと言っている旨を告げ、橋掛りを進んでアイ神主の妻に文を渡して一ノ松に戻ります。妻は神主のお目にかけようと言い、左近尉にしばらく控えているように言って、文をもって常座に出ます。これを受けて左近尉は下がって鏡板にクツロギます。

妻は常座で文を読みますが、都の女が梅千世という子まで連れて下って来たのは「腹立ちや腹立ちや」と怒り、文を引き裂いて、返事は「妾が書いてやろうと存ずる」と言い、その場で何やら文を書きます。
書き上げると妻は立ち上がり、橋掛りに入って二ノ松あたりから左近尉を呼びます。左近尉に文を渡すと、神主殿はいたくお腹立ちなので都からの女を追い出すようにと言い、女がこの在所に留まるようなら左近尉の科であると神主が仰ったと言い放ちます。
左近尉が驚いて承ると、アイ神主の妻は急いで追い出すようにと言い捨てて退場します。
いかにも憎々しげな様子を見せるあたり、萬斎さんの技量かと思います。が、それにつけても妻の立場を考えてみると、夫が都に出ている間に女を作り、あまつさえ子供まで作り、その子供におそらくは財産を分けて欲しいという趣旨で女がやって来たとすれば、確かに怒るのは当たり前とも思えます。このあたりは現代とは別の価値観の世界ということなのでしょう。

ところで、左近尉とアイとのやり取り自体は昨年と変わるものではありませんが、昨年の形では二ノ松あたりが神主の館の入り口の設定で、文を受け取ったアイはその場で文を読み、さらに後ろを向いて返事の文をしたためます。
一方、今回の演出では、神主の館の入り口は同じく二ノ松あたりの設定ですが、ここで文を受け取ったアイは常座にと進みました。おそらくはここで場面設定が変わり、それまでとは逆に舞台の方が神主の館となり、その入り口近くの常座でアイが文をしたためて、ふたたび入り口の設定の二ノ松に戻り、そこから外に向かって左近尉を呼び出す形になったと思います。
幕も舞台装置もないままに自在に設定を変えてしまうところが実に能らしいところと思いますが、観ていては特段の違和感もなく、素直に場面設定を受け入れてしまったことに、あとになってみると驚きを感じました。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

藍染川さらにつづき

さて左近尉は文をもって常座に進み、シテを向いて返事をもらってきたことを告げると、急いで読むようにとシテに寄って文を渡し常座に戻ります。シテはさっそく返事を読もうと文を広げて読み上げます。
しかし文には、対面はしない、梅千世には親と思うな、はやはや都へ帰り給へと書かれています。シテは「これは夢かやあさましや候」と謡いつつ、文を右手に持って下ろし、シオリます。
この様子に子方が声をかけ、シテ母に嘆かないようにと言いますが、シテは子方のほうを向いて、神主の心変わりを嘆いているのではなく、梅千世を父に見せ、所領の一所でも継がせようと思って遥々下ってきたのに、それがかなわないのが悲しいのだとシオリます。
子方梅千世は笛座の斜め前に、シテはさらに正面に近い方に、笛方からほぼ直線に並んでいますので、シテが子方を向くとちょうど後ろを向く形になります。このシテ、子方のやり取りの後の地謡では、シテは一度、目付柱の方に向き直りますが、片シオリした後に再び子方を向き「一人子を残し置くべき 悲しさよ」とシオリますが、この姿は正面席からはシテの背中を見る形になります。
左近尉が声をかけ、神主殿から命じられているので、急いでこの家を出て行くようにもとめ、立ち上がると鏡板にクツロギます。
昨年も書きましたが、金春ではシテが今夜はここで明かさせてほしいと言い、左近尉が度々使いがあって少しの間も置かぬようにと急かされているので、急いで出て行ってほしいと繰り返す形になっています。観世ではこの繰り返しのやり取りを欠いています。

さて、シテと子方も立ち上がりますが、シテは常座から小鼓の前辺りに立つ子方に向き声をかけます。ここからのやり取りで、シテはこのまま都に帰るのでは人目もあるので出家しようと思う旨を述べ、離れないという梅千世を説き伏せて地謡に。
地謡が「とにかくに帰らんまでは待ち給へと 夕顔の空目して」と謡うに合わせてシテは向きを変え、橋掛りへ進むと「藍染川に身を投ぐる」と二ノ松で腰を落として入水した形。繰り返す「藍染川に身を投ぐる」で幕に入り中入となります。
さてこのつづきはまた明日に

藍染川さらにさらにつづき

シテが幕に入ると、子方は笛座前に下がって着座します。すると後見が出て正先に小袖を広げ、文をのせます。
ワキツレ左近尉が立ち上がって常座に進み、誰かから告げられた態で、藍染川に人が身を投げたと言うか、どのような者か見に行こうと言い、正中へ出ます。ここで小袖を見て、自分の宿に泊まった女性かと驚き、小袖に寄って文を取り上げて懐中におさめます。
常座に立ち戻ると子方に、梅千世殿母御の身を投げ給ひて候ぞ、と言いつつ子方に寄り「急いでご覧候へ」と子方を立たせて、正先の小袖に向かわせます。子方が謡い出し「これは夢かや浅ましや」と片シオリ。さらにクドキを謡って地謡に。
この地謡で、子方は「母に追ひつき申さんと」と面を上げると「藍染川に歩み行く」と立ち上がって常座のほうへ進みます。左近尉は子方を追いかけて常座で追いつき「暫く」と止めます。左近尉は、梅千世が身を投げてしまったら誰が母御の跡を弔うのかと言い、思いとどまるようにと言って、大小前に下がると子方と向き合います。
そして「母御の遊ばされた文にて候」と言って懐中から文を取り出し、形見に持つようにと言って子方に渡します。左近尉は「かゝる傷はしき御事こそ候はね」と言いつつ子方を笛座前に送り、自らも笛座前に立ちます。
この文を渡すところは昨年も同様でしたが、さてその文をいつから左近尉が持っていたのか、この辺りの記憶がありません。今回と同様に小袖の上にのせてあったのか、書き留めてあれば良かったのですが・・・

さてワキツレが下がると、ワキが太刀持ちの従者を従えて登場してきます。厚板に白大口、褸狩衣で風折烏帽子を着けたワキ宰府の神主は、一ノ松あたりで名ノリます。この間は余所に行っていたが今帰ってきたと言うと、正先方を見て「あら不思議や」と声を出します。藍染川に人が多く集まっている様子だが何事だろうかと言い、自分が余所に行っている間に網を引いたのだろうと推量して「いかに誰かある」と声をかけると、シテ柱近くから橋掛りに向き、従者と向き合います。従者は太刀を持ち下居して応対しますが、ワキは藍染川に人が集まっているのは網を引いているのだろう、殺生禁断の所なのだから急いで皆上がるように言えと命じ、立ち位置を入れ替えて二ノ松に下がります。
常座辺りに立った従者は、正先の方に向かって声を上げ、神主殿の御出だと告げ、網を引くようだが殺生禁断の場所だ、急いで上がるようにと言います。しかし誰かから告げられた態で「何と人の身を投げたると申すか」と驚き、左近尉に気付くと、神主殿のお出でなので急ぎ謂れを報告するようにと話します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

藍染川またつづき

左近尉が承知すると、従者はシテ柱近くに下居して神主に向かい、網を引いているのではなく人が身を投げたのだと言い、左近尉が謂れを申し上げると報告します。代わって左近尉が下居し、神主の問いに、都から女性が人を訪ねて下ってきたが、会ってもらえないのを怨んで身を投げたのだと答えます。神主は、遙々都から下ってきたというのに、会わぬとは不心得者であると言い、子方に目をとめると、あの幼い者は何者かと問います。左近尉は、その身を投げた者の子であると答えますが、神主は子方の持っている文に目をとめ、文を読みたいので取って来るようにと左近尉に命じます。
左近尉は承って立ち上がり、常座から子方に文を渡して欲しいと言いますが、子方は母の形見なので渡せないと断ります。左近尉は重ねて、見たら直ぐに返すのでこちらへ渡して欲しいと言いつつ、子方から文を預り神主に手渡します。

ワキは二ノ松あたりで文を広げ読み上げます。
文は梅千世あてとなっており、衣々の別れは怨みもないが子にしれぬ親があろうか、大内に在りし時は梅壺の侍従、一条今出川の御留主、当所の御名は知らねども、御在京の御時は中務頼澄宰府の神主、とここまで読んで「や 言語道断の次第にて候ものかな」と文を下ろします。今まではよそのこととこそ存じて候に、と言いつつ文を二つ折りにして左手に下げ、左近尉に幼き者を連れてくるようにと命じます。

左近尉は畏まり、常座に出ると子方に此方に来るようにと言い、子方の後ろに回って導きながら橋掛りへと進みます。「あら不便の者や」と声をかけ、子方が一ノ松に腰を下ろすと、真の父に逢いたくはないかと問います。子方が逢わせて欲しいとこたえると、神主は「名乗らんとすれば涙にむせび」子方「目も昏れ心」神主「月影と」の謡から地謡になり、ワキは子方に寄って腰を下ろし、「木綿附けの 取り付き髪かき撫で外目思はぬ気色かな」と腰を浮かせて子方に手を伸ばしシオリます。
思いの募った神主は左近尉に、余りに不便なので身を投げた者を見たいと思うのだがどうかと尋ねます。左近尉は神主の御姿でご覧になるのは如何かと言いますが、神主が重ねてひと目見たいので人を退けるようにと言い、左近尉が声をかけて群がる人々を退かせた態になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

藍染川またまたつづき

ワキ神主は子方を立たせると舞台へと進みます。正先に置かれた小袖に寄り、子方が地謡側、神主がワキ正側かから、身を投げた女の遺体に見立てて見込む形になります。
神主は梅千世に一跡を譲り世に立てようと言い、また女の跡を懇ろに弔うので怨み給うなと言って、地謡のクセに。
短いクセでは亡くなった女の様が謡われ、その間に神主は扇を上げ、また下げ、面を上げ、また面を下げるなど細かい演技ながら、女の死を悼む様子を見せます。

クセの後、ワキは笛座前に座した左近尉に向き直り、臨時の幣帛を捧げて肝胆を砕き、ふたたび蘇生させようと思うがどうかと問います。左近尉が尤もにて候と答えると、神主は立ってワキ座へ向かい、子方もワキとワキ柱の間に座します。
従者が小袖を抱くような形で後見座に下げると、後見が一畳台を運び出してきて大小前に据え、さらに宮を出して一畳台に載せます。宮が据えられると左近尉が幣を持ち神主に渡します。神主は、さらば祝詞を参らすと言って宮に寄り、ノットの囃子を聞いて「神主御幣をおっ取って 神前に参り跪き」と謡い出して「謹上再拝 我此道場如帝珠 十方三宝影現中 我身敬礼三宝前 顔面接足帰命礼 南無天満天神」と祝詞を捧げます。この後の詞章は昨年より簡単な形です。

地謡が謡い出すと、神主は幣を両手で捧げて立ち、ワキ座に戻ります。
出端の囃子が奏されて、引廻しの内からシテの声。地謡が受けて「御殿頻りに鳴動して 現れ給ふぞかたじけなき」と謡うと、引廻しが下ろされて、宮の中で床几に腰を下ろした後シテ天神が姿を現します。天神の面に黒垂初冠、半切に袷狩衣を着け、幣を持っています。
「そもそも当社と申すは」とシテが謡い、地謡が続けると、シテは舞台に下り角へと向かいます。角トリして左に回り大小前から正面に向かってサシ込み開キ、左の袖を返して神主を見込み、サシて右から廻ると「また逢ふ事も」と左の袖を巻き上げて後ろを向き、「これ当社の神恩ぞと喜びの祝詞を奉り」で常座へ向かい、小回りして袖を直して開キ。「神は上らせ給ひけり」と袖を返して留拍子を踏み終曲となりました。

地謡の詞章に「誓ひの春に また逢ふ事も たゞこれ当社の神恩」とあり、これをもって女が蘇生したということかと思います。蘇生した姿を出したりしないところが能らしいところと、あらためて思った次第。
金春と観世と、見比べてみると、基本形は同じであるものの、装束、詞章、所作それぞれに少なからず違いがあります。特にワキ神主、ワキツレ左近尉の詞章、所作も多く、これは同系のワキでないとやり難いだろうと思うところ。貫太先生はブログに「とある理由でワキ方は福王流でないと難しく」と書いておられます。「とある理由」は分かりませんが、いずれにしてもこれだけワキの占める部分が大きいと、シテ方との相性というのが大事なのかと思いました。
(91分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。