FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

藍染川またつづき

左近尉が承知すると、従者はシテ柱近くに下居して神主に向かい、網を引いているのではなく人が身を投げたのだと言い、左近尉が謂れを申し上げると報告します。代わって左近尉が下居し、神主の問いに、都から女性が人を訪ねて下ってきたが、会ってもらえないのを怨んで身を投げたのだと答えます。神主は、遙々都から下ってきたというのに、会わぬとは不心得者であると言い、子方に目をとめると、あの幼い者は何者かと問います。左近尉は、その身を投げた者の子であると答えますが、神主は子方の持っている文に目をとめ、文を読みたいので取って来るようにと左近尉に命じます。
左近尉は承って立ち上がり、常座から子方に文を渡して欲しいと言いますが、子方は母の形見なので渡せないと断ります。左近尉は重ねて、見たら直ぐに返すのでこちらへ渡して欲しいと言いつつ、子方から文を預り神主に手渡します。

ワキは二ノ松あたりで文を広げ読み上げます。
文は梅千世あてとなっており、衣々の別れは怨みもないが子にしれぬ親があろうか、大内に在りし時は梅壺の侍従、一条今出川の御留主、当所の御名は知らねども、御在京の御時は中務頼澄宰府の神主、とここまで読んで「や 言語道断の次第にて候ものかな」と文を下ろします。今まではよそのこととこそ存じて候に、と言いつつ文を二つ折りにして左手に下げ、左近尉に幼き者を連れてくるようにと命じます。

左近尉は畏まり、常座に出ると子方に此方に来るようにと言い、子方の後ろに回って導きながら橋掛りへと進みます。「あら不便の者や」と声をかけ、子方が一ノ松に腰を下ろすと、真の父に逢いたくはないかと問います。子方が逢わせて欲しいとこたえると、神主は「名乗らんとすれば涙にむせび」子方「目も昏れ心」神主「月影と」の謡から地謡になり、ワキは子方に寄って腰を下ろし、「木綿附けの 取り付き髪かき撫で外目思はぬ気色かな」と腰を浮かせて子方に手を伸ばしシオリます。
思いの募った神主は左近尉に、余りに不便なので身を投げた者を見たいと思うのだがどうかと尋ねます。左近尉は神主の御姿でご覧になるのは如何かと言いますが、神主が重ねてひと目見たいので人を退けるようにと言い、左近尉が声をかけて群がる人々を退かせた態になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。