FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

清経 恋之音取 谷本健吾(三人の会)

観世流 国立能楽堂 2020.03.22
 シテ 谷本健吾
  ツレ 鵜澤光
  ワキ 森常好
   大鼓 亀井広忠、小鼓 観世新九郎
   笛 杉信太朗

事前の番組表では笛方一噌隆之さんの予定でしたが、当日、杉信太朗さんと代わりました。三曲目の船弁慶も杉信太朗さんが笛を勤められるのに、こんな重い曲を二番も大丈夫なのだろうか、などと余計な心配をした次第です。

さて舞台には型通り、出し置きのツレ鵜澤光さんが唐織着流しで登場してワキ座に着座します。唐織は朱地に松の文様だったように見えました。
次第が奏されてワキの出。白大口に掛け素袍、男笠を被り、胸には守袋を下げています。一ノ松で立ち止まり次第。地取りで笠を外し、正面向いて名乗ります。
左中将清経の御内、淡津の三郎と名のり、亡き清経の鬢の髪を形見に持ち都に上ったと言うと、再び笠を被って道行。
鄙の住居から故郷に帰るにつけても、都落ちする前の春に引きかえ今は秋も暮れ、時雨に濡れ萎れる袖に我が身を思い、忍び忍びに都に上ると謡いますが、なんとも優しい謡。当然ながら曲趣によってワキの謡も変わる訳ですが、あらためてワキの力量を感じた謡でした。
さて謡いっぱいに常座に出、笠を外したワキは案内を乞います。この際、外した笠をワキ方の後見が下げました。まだシテが出ていないのでシテ方後見は舞台に出ていませんから、こういう形になるのでしょう。

ツレが答えてワキを招じ入れ、問答になります。
清経の様子を問うツレに、面目もない使いと言葉を濁すワキ。話を聞くに合わせて変化していくツレの心の内を、抑制された所作と謡で表現していくのは実に難しいところと思います。女性が女性を演じるのは、逆の意味で難しくないかなと前々から思っているのですが、そういうレベルを超えたところで演じられている様子。鵜澤光さんという能楽師の能に向き合う真摯な姿勢を強く感じたところです。

ワキは清経が身を投げたことを語ると、守袋を開いて清経の鬢の髪を取り出して扇に載せ、立ち上がってツレに寄って形見をツレに渡します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
スポンサーサイト



清経のつづき

ツレは清経の形見の髪を左の手に持って見込みつつ、形見の髪を見れば思いがまさる心尽くしの髪なので「うさにぞかへす本の社に」と謡って地謡に。地謡が「手向けかへして夜もすがら」と続けると、ワキは両手を突いて一礼をする風から立ち上がり、切戸から退場します。以前書いたように、下掛はワキが舞台に残りますが、上掛はここで姿を消してしまいます。
この章句、清経の妻は形見に髪を渡されたものの、見ていると思いがまさり、あれこれと気を揉んでしまうので、これを返すと言うわけです。「心尽くし」は現代語とは意味が異なり、あれこれと物思いをするさま。心づくしのつくしから筑紫を引き、その筑紫での戦いに敗れて豊前柳ヶ浦に身を投げたというので、豊前の宇佐八幡へと言葉を繋いでいきます。既に清経は亡くなっているので、本人に髪を返すことは出来ないから、社へと手向け返すという謡です。
清経の入水は手許の平家物語、巻八の太宰府落に記載がありますが、妻の話は出てきません。平家物語には諸本があり、妻の話は、このうちの一部や源平盛衰記にある話のようです。清経が、道中、形見にと妻に髪を送ったところ、妻は三年の間も消息の無かったことを怨み髪を送り返したとあるらしく、これを世阿弥が清経死後のことに置き換えて、この場面を作った様子です。

この思いのこもる場面で地謡の謡う中、笛方の信太朗さんが正面に直してから前に出て、さらに幕方に向きを変えて笛を構えます。森田流は通常は斜め内側を向いて座っていますので、前に出る時に一度正面に向きを変える形です。一噌流だと、そもそも正面を向いて座っているので、そのまま出て幕方を向きます。
いよいよ恋之音取。
笛は数え間違えていなければ十一度に分けて吹かれます。最初の笛で半幕になり、シテの姿が少しだけ見えます。二度目の笛で幕が下りしばしの間。三度目の笛で幕が上がり再び間がとられます。四度目の笛でゆっくりとシテが歩み出し幕前に佇むと笛が止んで間がとられます。シテは半切に長絹肩脱ぎの姿。五度目の笛で正に直して歩み出し今度は二ノ松に佇んで笛が止みます。六度目の短めの笛でシテは歩み出して正面を向きます。七度目の短い笛で右手を上げシオリ。八度目の笛でシオっていた手を下ろし歩み出して一ノ松と二ノ松の間の柱まで進み歩みを止めます。九度目の笛で再び歩み出して一ノ松に佇みます。十度目のやや長い笛で歩み出して後座に入り常座の手前で留まります。十一度目の笛でシテは歩み出して常座に出、笛がおさめると「転寝に恋しき人を見てしより 夢てふものは 頼み初めてき」と謡い出します。
書いてみればこれだけのことなのですが、この何ともいえない緊張感はその場で味わってみないと分からない能の醍醐味と感じました。ともかく良かった。ボキャブラリーの不足は面映ゆいばかりですが、ともかく良かったとのみ記しておきます。
なおシテサシの「聖人に夢なし」から「たどる心のはかなさよ」までは省略されました。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

清経さらにつづき

シテは「如何にいにしへ人 清経こそ参りて候へ」とツレに呼び掛けます。
笛方が下がり、ツレはこのシテの声に、まどろむ枕に清経の姿が見えるが、身を投げたその姿は夢でもなければ見えないだろう。夢とは言え、その姿を見られるのはありがたいことだが、生きて帰らず身を投げたことは恨めしいと謡います。

シテは、妻は恨みを述べるけれども自分にも恨みはあり、せっかく贈った形見をなぜに返したのかと問います。ツレは形見とはいえ、見ればその度に心を波立たせる髪なので、と答え、シテとツレが掛け合いで、清経と妻との形見をめぐって乱れる思いを謡います。
地謡が続けて謡う中、シテは袖を返して二足ほど出、正に向いて開イて二つ拍子。サシ込み開キし、サシてワキ正に向き開キ。左の袖を上げて「恨むれば独り寝の」とツレに寄り、下がって「ふしぶしなるぞ悲しき」と返した袖でシオリます。「実にや形見こそ」と舞台を左に回り、常座でツレに向き直ると「思ふもぬらす袂かな 思ふもぬらす袂かな」の謡に、ツレ、シテともにシオリます。

恨み言を述べつつも互いに想う心に涙する場面。ここはツレの技量も問われるところと想います。鵜澤光さんのツレは出過ぎず、引き過ぎず、この場の雰囲気を実に上手く表現している感じを受けました。女性能楽師を避けるようなつもりはありませんが、どうも女性の能楽師が女性の役を演じると、妙に女らしさが出過ぎてしまって全体の雰囲気に合わないと感じる時があります。光さんは、これまでシテで拝見しても、ツレで拝見しても、性別を超えて能らしい能を演じる方と感じています。

さてシテは「古の事ども語って聞かせ申し候べし 今は恨みを御晴れ候へ」と言って正中へ出て床几に腰を下ろし、地謡が「そもそも宇佐八幡に参籠し」と謡い出します。
ここは本来は「今は恨みを御晴れ候へ」の後、シテが「さても九州山鹿の城へも」と語り出す形ですが、このシテと地謡の謡、大成版の謡本で17行ほどが省略されます。これは恋之音取の小書の際の形のようで、以前の鑑賞記でもこの部分が省略された様子を書いています。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

清経さらにさらにつづき

地謡とシテの謡が続きます。
「さては仏神三宝も」と謡ってシテは両手を打合せ、続く地謡の「捨てはて給ふと心細くて」でサシて「一門は 気を失ひ」と幕方を見、正面に直すと「力を落として足弱車の」で立ち上がります。「すごすごと」でタラタラと下がって「還幸なし奉る」で左右「あはれなりし有様」の謡に腰を下ろして両手を突き、左の手を上げてシオリます。
地謡が気分を変えて「かかりける所に」と謡い出しクセに。シテは立ち上がり正に打込むと「また船に取り乗りて」と二つ拍子踏んで開キ、「実にや世の中の うつる夢こそ誠なれ」の謡に、常座から橋掛りへと進みます。同じ銕仙会系の小早川さんが恋之音取の小書でなさった時も、金春の本田光洋さんが恋ノ音取の小書付でなさった時も、いずれもここで橋掛りに入っています。音取の小書がつくと橋掛りへ進むようなのですが、五流必ずそうなのかどうかは分かりません。音取の出の際も、笛を吹いている時に歩むのか、笛が止まった時に歩むのかは、流儀による違いがありますし、先にシテが床几に腰を下ろしたところで17行ほどの謡が省略されたと書きましたが、本田光洋さんの恋ノ音取では「さても一門は九州山鹿の城へも・・・」の部分の省略はありませんでした。

ともかくも「保元の春の花」と一ノ松で正面に向き、常の形では舞台上で見せる型を橋掛りで舞います。
「一葉の船なれや」と七つ拍子を踏み二ノ松へ。さらにさして幕前まで進んで「多勢かと肝を消す」と二つ拍子。「さるにても八幡の」で向きを変えて橋掛りを戻り「心魂に残ることわり」と常座に立ちます。ここからは常の形になり「あぢきなや とても消ゆべき露の身を」と上扇。大左右から舞台を廻るなどして「腰よりやうでう(横笛)抜き出し」と扇を笛に見立てて構えワキ正に向いて笛を吹く形。舞台を廻って「この世とても旅ぞかし」とツレと向き合って下居。ここから船中の最期へと場面が移り、「西に傾く月を見れば」と幕方に雲扇。「いざや我もつれんと」と常座で下居して合掌。「南無阿弥陀仏弥陀如来 迎へさせ給へと」で直して立ち上がり、正へサシて小さく回リ「船よりかっぱと」と二つ拍子踏んで海に飛び入った形。タラタラと下がって常座に座して「うき身の果てぞ悲しき」とシオリます。
この後のツレの「聞くに心もくれはとり」からのシテとのやり取りは省略され、キリのシテの謡「さて修羅道に遠近の」となります。キリでは「是までなりや」と謡が締めて、シテはツレに向かい別れを告げる風。直すと徐々に謡が速くなり「頼みしままに」でシテは橋掛りへと進みます。謡はそのまま「仏果を得しこそ有難けれ」まで謡いきり、シテは幕前で合掌し、囃子が残リ留の手で終曲となりました。
当日のメモ、この留に「すごく良かった」とのみ記してあります。ホントにボキャブラリーが貧困で残念ですが、去りゆく清経の霊を心が追いかけていくような、何ともいえない心持ちがしました。
(78分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。