FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蝉丸 金春欣三

金春会定期能 国立能楽堂
 シテ 金春欣三、ツレ 金春康之、ワキ 高井松男、アイ 大藏吉次郎
       大鼓 上條芳暉、小鼓 曽和正博、笛 寺井久八郎



能の曲名は地名や人物名が多いのですが、人物名の場合は必ずしもシテの名とは限りません。この蝉丸もそんな曲の一つで、蝉丸はツレの名。
シテは逆髪で延喜の帝の第三皇女。蝉丸はその弟で第四皇子という設定になっています。このあたりの設定がいかにも能らしいですね。



囃子方が着座すると作り物の藁屋が出されてワキ座に置かれます。
座が落ち着くとツレの出。ワキツレの輿舁が付き、ワキ廷臣の清貫は後ろからついてきます。盲目のために帝の命で逢坂山にうち捨てられることになったわけです。



蝉丸は初冠に狩衣、指貫姿。確か他流では初冠は着けなかったと思うのですが、藁屋にも引廻しが無く、金春では古い形を残しているのかもしれませんね。
面は「蝉丸」だと思うのですが、盲目を表す面で、目を閉じた形で細く一文字に切ってあります。実は演者としては、この方が通常の面よりもよく見えるという話を聞いたことがありますが、真偽のほどはわかりません。



藁屋前でワキが蝉丸の初冠を外して角帽子に替え、狩衣も水衣に替えて出家の態となります。
金春康之さんは先日の式能でも、欣三さんの清経のツレで拝見していますが、この日はふわっとした謡で蝉丸の悲運が伝わってくるような感じでした。



いわゆる複式能ではないのですが、ツレを逢坂山に残してワキが橋掛りを戻って行き、代わってアイ博雅の三位が登場します。実質的にはここで中入り、シテの出からが後場という感じですね。



シテ逆髪は心の乱れからか、髪の毛が逆立っているという不思議な設定です。都を離れ逢坂山に弟宮を尋ねてくる訳ですが、この道行が聞かせどころ。地謡も力のはいるところですが、地頭は鉢木に続いてこの日二曲目の本田光洋先生。いや、こちらの地謡は良かったですね。
逆髪が藁屋に盲目の弟宮を発見し、姉弟の再会となりますが、趣深い曲です。



やがてシテ逆髪は都へ戻って行き終曲となるのですが、どうかせめてシテが幕に消えてしまうまで拍手をしないで・・・と祈る気持ちでしたが、やっぱり橋掛りの途中で拍手。ま、仕方ないなぁ・・・



ところで欣三先生、はや八十歳を越えておられるはずですがお元気ですね。
ふと、お声が観世栄夫さんに似ているなぁ、と思ったのですが、さてどうでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/10-8d9ae916

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。