FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

綾鼓もっとつづき

ワキがツレの謡を受けて掛け合いとなり、ツレ「なほうちそふる ワキ「声ありて と他流と同じ形で後シテの出、出端の囃子になります。
ツレは地謡前のそのままの場所で床几にかかり、ワキは笛座前に着座してシテの出を待つ形です。
(喜多の謡本では、この日ワキが謡った「声ありて」をシテが謡う形で書かれており、その後に出端とあるのですが、先に幕を上げて幕内でシテが謡う形にでもしない限り、これは無理な話。この日もそうだったように現実問題としてワキが謡って、出端の囃子というのが素直な流れでしょうね)

さて出端の囃子で、後シテが登場してきます。白頭に悪尉の面をつけ、法被半切で鹿背杖を重々しく突きながら橋掛りを進み、一ノ松まで出て正面を向きます。鹿背杖を突く曲は他にも多々ありますが、かなり強く音を立てて突く形で、これがこの後も悪鬼となった老人の怒り、悲しみを表すようです。
正面を向いて杖を一つ突き、開キの型でさらに一つ突いて「重波(シキナミ)のまた立ち帰る恋の渕」と謡い出します。ここからの詞章は宝生流などの詞章とは全く異なり、土岐善麿の創作です。

シテの謡を受けて、地謡、さらにシテが謡った後、地謡が強くかつ静かに「一念執心の魔境より」と謡い出すと、シテは向きを変えて舞台に進み常座に立って、立廻りかイロヱなのか、執心を見せて舞台を巡る形になります。

囃子に合わせて、常座からシテはツレを見込んで足拍子を踏み、目付に出て左へと回り、正中から常座へと舞台を一回りします。さらにツレの方へツメて杖を右手に笞のように持ち、正中で一度膝を突いてから立ち上がり、杖を戻して右回りに常座へと戻って小回り、開いて「綾の鼓は」と謡い出します。舞台を一回り、逆に半回りする形ですが、思いの対象となるツレが床几にかかって居るだけに、より強く形にも表れる感じがします。

このつづき、もう一日つづけて明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1000-f843fff5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。