FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

綾鼓もう一日のつづき

「恨みの鼓は憂き人の・・・」の地謡に、シテはツレに向かって三四足ツメ、足拍子を一つ強く踏んでツレをキツく見込む形になります。一度常座へと戻りますが、さらにツレにツメ寄る形となり、シテは「鳴るものか 鳴るものか」と謡いつつ、ツレを作り物の前に引き据えて恨みの形を見せます。

地謡の「打てや打てやとせめ鼓」で、杖を打杖のように突き出す形でツレを責めてから常座まで下がり、足拍子を踏んで「しもとを振り上げ」と杖を両手に取って振り上げた形を見せます。
つづく「因果はめぐる桂の池の」でツレは立ち上がり、ワキ座の方へ、またもとの方へと逃げ惑うような形から、両手を挙げて大小前に小回りして座り込みます。ツレがシテに翻弄される様を視覚的にも見せようという展開でしょうか。

シテはツレを見込んだ後、「ありし面影照りまさる」と作り物を見やり、「月の桂の綾の鼓うち捨てよ」とツレを再び見込み、幕の方に向きを変えて杖突きつつ橋掛りへと進みます。
「しもとをふり上げふり返り」と二ノ松で一度振り返った後、続く地謡の「また音もなく失せにけり また音もなく」までで幕に入り、地謡の最後の一句「失せにけり」だけが舞台上に残る形。深い余韻を残しました。

女御の守護神となってしまう恋重荷とは全く異なる展開ですが、宝生の形とも違い、また前ツレを出さない金剛とも異なった主張があります。恋重荷も観世と金春での違いもあり、五流それぞれに違いがあっていろいろと考えさせられる曲です。
恋重荷でも、重荷を女御にも持たせて突き飛ばすような型付けも古くは行われていたようで、梅若六郎さんが同趣向の演出を試みておられるようですが、持てぬ重荷や鳴らぬ鼓を考えたのが女御なのか、なぜそうしたのか、何となく腑に落ちない点があるからか、様々な解釈と演出が出てきそうな一曲です。
(68分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1001-3145947e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。