FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

紋所の話ふたたび

以前、宝生流の高橋亘さんと私の家の紋所が同じという話を書きました。
夜討曽我に出ておられた高橋さんの腰帯につけられた紋が、当家と同じ丸に三つ柏だということに気付いたという話です。

ところでこのあいだ、本家の当主が亡くなり葬儀に出席することになりました。そこで一瞬驚いたのは、葬儀場に掲げられた家紋が丸に三つ柏ではなかったことでした。最初は葬儀場運営会社のマークか、などと思ったのですが、まもなく家の裏紋だということに気付きました。

実は私の家は代々修験道の行者のようなことをしていたようなのですが、曾祖父の時におそらく明治の廃仏毀釈にあい、還俗して神官となったらしいのです。
私の祖父はその長男だったのですが、どうしても不便な田舎で神官になるのが嫌で家を出てしまい、教師になって転々としながら生涯を終えました。
そんな訳でもともとの家のしきたりなど、よくわからないことがたくさんあります。

この裏紋の話も、私の父も祖父からは何も聞いていなかったようで、いつだったか父と本家を訪ねたときに、もう一つ紋があるのだと聞かされ驚いたものでした。
この紋は珍しいもので、ちょっと差し障りもあって細かいことは書きませんが、少なくとも通常の書店で見かける家紋辞典などでは見かけたことがありません。

そのときの話では「丸に三つ柏のほかにもう一つ紋があって女の人がつけるのだ」と聞いたように記憶していたのですが、葬儀などの際はどうやらこちらの紋を使うのが正式ということのようです。
明日、もう少しつづけます
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1002-09fd7e71

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。