FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

和布刈 橋亘(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2008.12.20
 シテ 橋亘、ツレ 澤田宏司、天女 今井基
  ワキ 森常好、アイ 遠藤博義
   大鼓 佃良太郎、小鼓 森澤勇司
   太鼓 徳田宗久、笛 寺井宏明

新年は十二月五雲会の鑑賞記からというわけで、高橋亘さんのシテで和布刈、メカリと読みます。金春以外の四流が現行曲としている脇能ですが、珍しい曲というほどではないものの、あまり上演を見かけない気がします。私が気付かないだけかもしれませんが・・・
ワカメを刈るからメカリなんですが、これは早鞆の浦で行われる和布刈の神事をもとにしています。

この曲の舞台となる神社ですが、和布刈神事は北九州市門司区にある和布刈神社、別名「速門社」あるいは「早鞆明神」の祭事として有名で、この和布刈神社を能の舞台として紹介している例が多いようです。

和布刈神社の社伝では、仲哀天皇九年の創建とされているそうですが、神功皇后が三韓征伐からの凱旋を祝って、この神社のある早鞆の瀬戸のワカメを神前に捧げたことにちなんで和布刈神事が行われているそうで、旧暦元日の早朝に、三人の神官が海に入り松明の灯りでワカメを刈り取る行事が行われます。

しかしワキの名乗りには「長門の国 早鞆の明神」とありますから、長門の国の神社であるべきと思い調べてみると、壇ノ浦を挟んだ対岸の、山口県下関市にある住吉神社でも旧暦元日の早朝に和布刈祭が行われていまして、どうもこちらの方が「長門の国 早鞆の明神」にしっくりくる感じがします。
創建も神功皇后の三韓征伐の際とされているようです。

さて能の方は明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1005-16871eac

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad