FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鬼瓦 山本則直(五雲会)

大藏流 宝生能楽堂 2008.12.20
 シテ 山本則直
  アド 山本則秀

このブログでは、2年半程前の善竹十郎さんの鬼瓦について鑑賞記を書いています。同じ大蔵流ですし、基本的な違いはありませんが、私、この曲も割と好きな狂言ですので、曲の流れなど、また書いてみようと思っています。

さて、舞台にはまず烏帽子、素袍上下姿の大名が登場し、正中で遠国の大名と名乗ります。後から付いて出たアドの太郎冠者は後ろに控えて、着座しています。
大名は久しく続いた訴訟も叶って安堵の御教書をいただき、新知を拝領した上に暇まで貰ったと喜びを述べ、近日、本国に帰るので太郎冠者を喜ばせようと言って、太郎冠者を呼びます。

大蔵流はシテが大名で、烏帽子、素袍で登場しますが、和泉流では主とするか、役名上は大名としても、いずれも長上下が基本のようです。従って名乗りも「はるか遠国の者で御座る」となりますが、設定の違いだけで、それ以上に大きな違いはないようです。

さて太郎冠者を呼び出してワキ座に立った大名は、常座に出た太郎冠者に訴訟叶って帰国できる旨を話し、これも因幡堂の薬師如来を信仰する故だろうから、暇乞いがてら参詣しようと思う旨を語ります。
因幡堂については、10月の五雲会の際、深田さんの上演の鑑賞記で触れていますが、当時は大変信仰を集めたようです。

二人は早速参詣に向かうことにし、舞台をめぐって因幡堂へとやって来ます。
シテがワキ座、アドが常座に立って、因幡堂に着いた形。シテの大名が「汝もこれへ寄って拝め」と太郎冠者に言葉をかけ、舞台前方まで進み出た二人は、着座して扇を広げ、合掌します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1009-b007532b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。