FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

山姥 雪月花之舞 浅見真州(浅見真州の会独演三番能)

観世流 国立能楽堂 2006.6.17
 シテ 浅見真州、ツレ 鵜澤久
  ワキ 森常好、アイ 山本則直
   大鼓 亀井忠雄、小鼓 鵜澤速雄
   太鼓 金春國和、笛 松田弘之



山姥は四番目ないし五番目に置かれますが、観世流では雪月花之舞の小書きがつくと脇能扱いになります・・・というより脇能扱いにするときは小書きをつけるといった意味合いなのかもしれません。鬼と神とは極めて近いということでしょうか。



まず、ツレの百万山姥(ヒャクマヤマンバ)という都の遊女一行が善光寺参りのために境川さしかかります。アイの所の者に道を尋ねると三つの道があるとの返答。中でも険路である上路(アゲロ)越えの道を選ぶことにします。
アイの道案内で一行は道を進みますが、にわかに日が暮れてしまいます。



ここでシテの「なうなう旅人お宿参らせうなう」と呼掛けが入ります。
この一声で参ってしまいました。この一声がなんとも言えず深い。
さてシテは橋掛りを進みながら、この辺りは人家もなく自分の庵に泊まるようにと勧めます。そして山姥の歌の一節を聴かせて欲しいと求めます。



実はツレ百万山姥は、都で山姥の山廻りを曲舞に作って評判を得ている遊女なのですが、その百万山姥が、真の山姥のことを心に掛けないので、恨み言を述べに現れてきたという話。真の山姥が現れたというわけです。



真の山姥は自らの正体を明かし、夜すがら山姥の一節を謡ってくれれば、舞を舞おうと言って姿を消してしまいます。
「移り舞を舞うべしと、言うかと見ればそのままかき消すやうに失せにけり、かき消すやうに失せにけり」という中入り前の謡、「言うかと見れば」から気を掛けて運びが早くなり、これに合わせるように、二、三度廻って一ノ松まで走るように進み、その後はスラスラと中入りとなりました。・・・このつづきは明日に

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/101-a4609d19

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad