FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鬼瓦のつづき

二人並んで拝礼の後、大名は国元に帰ると因幡堂に参詣できなくなってしまうので、故郷にこの御薬師を勧請しようと思う旨を述べます。
実際にも、こんな風にして地方に分社とかが広がっていったのでしょうね。

さて勧請するにあたっては、この御堂をよく見て覚えておけと太郎冠者にも言い、大名は御堂を様々に眺めます。

まずは欄間の彫り物を褒め、太郎冠者を伴って後ろ堂へ参ると舞台を廻り、後ろ堂では虹梁、蛙又、破風と、見事な建築を褒めていきます。
この褒め詞は、流儀によって異同があるようですが、なんだか立派な御堂を見ているような気がしてきますね。

大名は破風の上に、なにやら見つけて太郎冠者に問います。
和泉流では、破風を褒めた後に、つっと空に黒い物が見えるというようですが、ともかく何かに気付いて太郎冠者に問うわけです。これに太郎冠者が、あれは鬼瓦だと答え、和泉流では大名も『あれは鬼瓦』と納得する形だったと思うのですが、この日の形では、大名は鬼瓦を知らない様子で、太郎冠者に「こなたはあれをご存知ないか」と呆れられてしまいます。

しかし、大名はそんなことにはかまわず、その鬼瓦が誰かに似ていると思案しています。
そしていきなり泣き出してしまうというのがこの曲の上手くできたところ。

太郎冠者は不審に思い問いかけますが、大名は鬼瓦が国元の女共(つまり自分の妻)とそっくりだと言って泣きます。「目のくりくりとしたところ」「鼻のいかったところ」「口の耳せせまで引き裂けたところ」など、そっくりだと言いだし、この荒唐無稽さに見所も笑いが出るところです。
このたとえの部分も流儀や家によってバリエーションがあるようですが、、いずれにしても鬼瓦そっくりの妻が居たら、やはり大変でしょうね。

故郷を思い出して泣いている大名を、太郎冠者はすぐに帰れるからと慰め、二人して笑って留になります。
あり得ないばかばかしさではあるのですが、ただおかしいだけではなく、なんだか大名の心情に、優しい気持ちを感じてしまう不思議な曲です。
(14分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1010-25ed0141

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。