FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

玉葛のつづき

さて、いささか分かりにくい感のある玉葛ですが、舞台の方は、まず名宣笛でワキ諸国一見の僧が登場してきます。この日だけなのか、宝生流はいつもそうなのか、確認できませんが、ワキツレは出さずにワキ一人だけです。

ワキは、奈良の社寺にことごとく参詣したので、これから初瀬詣に向かおうと思う旨を述べて道行を謡います。則久さんのワキですが、一人旅の僧のような、そこはかとない風情があって良い感じです。
石上寺から三輪、そして初瀬と謡込み、長谷寺へとやって来た僧は、心静かに参詣しようとワキ座に着座します。

一声の囃子が奏されて前シテの出。
縫箔腰巻に白の水衣を着け、右手に棹を持って舟を漕ぐ風情で一セイ「程もなき、舟の泊や初瀬川・・・」と謡い、サシ、下歌、上歌と一人舟を漕ぐよるべのない身を嘆きます。上歌では、なにやら思いがある風に気を込めた感じに謡いかけ、終わりの「綱手かなしき類かな」で棹を出して右手を添え、艪を漕ぐ形を見せます。

これにワキが声を掛け、いかなる人かと問いかけると、シテは初瀬寺に詣でる者だと答えます。和英さんの丁寧な謡が印象的なところ。
続く地謡で、シテは常座から目付に出て「川音聞こえて里つづき」と面を伏せて川音を聞きながら歩む形で舞台を廻ります。棹を後見に渡して中啓に持ち替え「かくて御堂に参りつつ」と正中へ座して合掌し、「補陀落山も目のあたり」とワキ共々に立って舞台を廻り、シテは常座に、ワキはワキ座に立って「二本杉に着きにけり」と鏡板の方に二本杉を見る形となります。

シテは「これこそ二本の杉にて候へ。よくよくご覧候へ」とワキを二本杉へ導いた様子です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1017-e5075cde

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。