FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

乱のつづき

下端は精霊などの出に用いられる登場楽で、まさに猩々が出るにふさわしい不思議な感じと、陽気な雰囲気を持っています。

シテは幕内で扇を広げます。通常、登場するシテは扇を閉じて出て、橋掛りなり、舞台上なりで扇を広げますが、乱では幕内で扇を広げ、そのまま舞台へと出てきます。この日は私好みの正面左寄りの席でしたので、幕内の様子が見え、扇を広げるところも拝見しました。

このブログでは、五雲会での水上さんの乱と、喜多流自主公演の際の長島さんの置壺を取り上げていますが、長島さんの時に扇を広げず登場した話を書いています。

さて、下端で登場したシテは「老いせぬや」の地謡で舞い始めます。この地謡のリズムは渡り拍子といわれる独特なものですが、良い雰囲気です。

「御酒と聞く」とシテの上扇。地謡の「秋風の」に続けて、シテ「吹けども吹けども」と招き扇。綺麗な型です。「月星は隈もなき」と前髪を取る型から、舞台を廻り、猩々舞を舞おうよ、と開いて「波の鼓どうと打ち」と両手を打ち合わせる型を見せます。

「声澄み渡る浦風の 「秋の調べや残るらん と謡が続いて乱。まずは中ノ舞の形から入ります。初段の上扇あたりから囃子の調子が変わって乱になりますが、伸二郎さんの舞、上手いなあとしみじみ思った次第。

健太郎さんの乱も拝見していますが、ご兄弟ともに将来の宝生流を支える演者となって行かれるんでしょうねぇ。一度だけちょっとバランスを崩しそうになったところがありましたが、全体として力強く、それでいて楽しげな舞で、満足できる舞台でした。

キリも気持ち良く舞がつづき、なんとも厳しい経済状況だった平成二十年の最後を、軽やかに目出度く締めた感じでした。今後の一層のご活躍を期待しています。
(30分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1024-17edb705

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad