能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

清経 恋之音取 小早川修(代々木果迢会別会)

観世流 国立能楽堂 2008.12.21
 シテ 小早川修 ツレ 武田友志
  ワキ 野口敦弘
   大鼓 國川純、小鼓 曽和正博
   笛 一噌仙幸

清経の音取(ネトリ)です。シテ清経の亡霊が笛の音だけで登場するという趣ある形。
清経はもともと音取が本来の形で、地謡のうちに登場する現在の通常の形は略式だったのではないかという話があります。

確かに音取の形は各流にあって、観世流は今回の通り恋之音取、金春流も恋ノ音取。宝生流と喜多流は単に音取。金剛流では披講之出端というらしいのですが、いずれも笛の音によってシテが登場するという形を持っているようです。

清経の音取といえば、2007年の6月に二日にわたる「日経能楽鑑賞会」で、浅見真州さんと友枝昭世さんが音取の小書付で清経を演じて話題になりました。
私は残念ながら観に行くことができませんでしたが、第一日目の浅見さんは袷法被肩上げで、二日目の友枝さんは長絹を肩脱ぎにして出られたようで、それぞれに主張するところも違い、二日続けてご覧になった方はきっといろんなことを感じられただろうなあと想像しています。

さて今回の清経ですが、重い小書がついてのためか囃子方、地謡、裃での登場で一同が座に着くと、まずは型通り、ツレ清経の妻が出し置きの形で登場してきます。出し置きが演技の内か外か、取り方によって意見はあろうかとも思いますが、ツレ友志さんの運びはなかなかに良い感じでした。

ツレが着座すると囃子方が次第を奏してワキ淡津の三郎の登場となります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1025-a5ce76e0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad