FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

清経さらにつづき

「枕や恋を知らすらむ」と地取りのように低く地謡が繰り返し、笛の吹き出しになります。まずは半幕でしばしシテの姿を見せてからゆっくり幕が下ろされ、再び幕が上がって笛に引かれるように、法被肩上げ、半切に梨打烏帽子姿のシテが橋掛りに姿を現します。

一噌仙幸さんの笛はまさに霊魂を引き寄せるように、静かに深く音が流れて、能楽堂全体に広がっていくようです。仙幸さんが、昨年春には日本芸術院賞・恩賜賞を受賞され、さらに秋には紫綬褒章を受章されたのは記憶に新しいところですが、正直のところ、これまでは、上手とは思うものの、ここまで深い味わいとは感じずに来てしまいました。
この日の音取は能管の奥の深さをしみじみと思い知らされたようで、粟谷明生さんがいつぞやブログに書かれていたように、人間国宝としても・・・と思わせる笛でした。

笛は一定の譜を吹くとしばしの間があり、また吹き出すというように断続的に吹かれます。笛の音に引かれるように橋掛りに姿を現したシテは、笛が止まると歩みを留めて佇みます。再び吹き出された笛に二ノ松まで出て佇み、笛も吹き止めます。

暫しの間の後に吹き出された笛で、今度は一ノ松まで進み、笛が止まるとやや面を伏せて佇み、片シオリの涙を見せる型。このシオリの手を上げる途中から笛が吹き出されて、二度目のシオリの手を上げたところで吹き止め。しばし置いて、さらに笛が吹き出されるとシテは常のような歩みで舞台に入って常座に立ち、音取の笛が終わりました。
見所全体がしんと静まりかえって、笛とシテに神経を集中した時間です。

この音取の出は、笛が断続的なゆえに、この日のように吹いているときに進んで笛がやむと止まる出方、逆に笛の間は立ち止まっていて笛がやむと進む出方、さらに一度歩み始めると途中では止まらない出方と、いくつかの出方が考えられます。笛にひかれるのか、その笛に聞き入るのか、演出上の考え方ということになりそうです。

常座に立ったシテは、サシの終わりの部分「仮寝(ウタタネ)に恋しき人を見てしより 夢てふものは たのみ初めてき」を謡います。
さてこのつづきは、また明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1027-86fc20da

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad