能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

清経もう一日のつづき

清経のクセは仕舞でもよく取り上げられるため、学生の頃は何度か地謡もさせて頂きましたが、よくできた謡と思います。

クセのはじめ「かかりける所に」で立ったシテは、正中へ出て舞台を廻り、常座から「うつる夢こそ誠なれ」で橋掛りへと進みます。「保元の春」と一ノ松に佇んだ後、歩みを進めて幕前に立ち「一葉の船なれや」と幕前で足拍子を踏みます。「追手がほなる跡の波」とゆっくり二ノ松へと戻り、「源氏の旗をなびかす多勢かと肝を消す」と振り返ります。
再び橋掛りを進んで舞台に入り、常座でシテの上端となります。この「あぢきなや とても消ゆべき露の身を」からは舞の型も見せ場が多く、「腰より横笛抜き出し」と扇を笛の形に取り暫し笛を吹く型を見せたりします。笛のアシライが見事に入って、まさにシテが笛を吹き鳴らす風です。

さらに「西に傾く月を見れば」と幕の方に雲扇して、いよいよ時至った風となり、「南無阿弥陀仏弥陀如来」と下居して合掌し「迎えさせ給へ」と立って目付へ出、「舟よりかっぱと」と足拍子踏んでタラタラと下がり常座で安座して入水した形になります。
クセの型も小書のため、変化していますね。

この仕方話に、常の形ではツレが「聞くに心もくれはとり」謡い出し、思いが募る様を見せますが、この小書では、ツレとのやり取りは省略されて、安座したシテが「さて修羅道にをちこちの」と謡い出します。

シテは立ち上がって舞い、太刀も抜いて修羅道の様を謡に合わせて見せますが「真は最期の十念乱れぬ御法の船に」と、舞台から橋掛りへするすると進み「げにも心は清経が、仏果を得しこそありがたけれ」と幕前で合掌してそのまま幕に入ってしまいます。

地謡も最後を緩めずにそのまま謡いきり、最後は囃子の残り留め。シテの去った舞台に囃子だけが残る形で、大変趣きある舞台でした。

小早川さんのシテを拝見したのは四年程前の小塩以来ですが、そのときは何か気になる点があったようであまり良い印象ではなかったように記憶しています。しかし今回の清経は大変良い舞台だったと思っています。
(72分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1029-0f412583

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad