FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹 諸神楽 浅見真州(代々木果迢会別会)

観世流 国立能楽堂 2008.12.21
 シテ 浅見真州 ツレ 武田文志
  ワキ 高井松男、アイ 山本泰太郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 幸正昭
   太鼓 小寺佐七、笛 一噌庸二

Santalさんのブログに、神楽を舞う曲は思いの外に少ないという話があり、確かに数え上げてみると本当に少ないことに気付きました。
そんな中の一曲。巻絹という曲自体は、以前、関根祥人さんの神楽留の際の鑑賞記にも書きましたが、特段の深い話という訳でもなく、むしろシテの舞を見せるのが目的かと思うような曲ですが、ちょっと事情もあって私は大変好きな曲の一つです。

今回は諸神楽の小書がついているのですが、神楽留とよく似た小書きで、装束なども共通点が多いものです。とは言え五段の神楽は見応えありました。

さて舞台はまずワキの登場。名宣笛で、アイの太刀持ちを伴い登場したワキは、勅命により千疋の巻絹を三熊野に奉納する旨を述べ、到着が遅れている者がいるので着き次第報告するようにとアイに告げてワキ座に着し、アイは笛座前に着座します。

次第の囃子になり、白大口に掛素袍、右肩に巻絹を挟んだ竹を担ったツレが登場します。常座に出て次第謡。型通りに鏡板を向いて次第を謡い、地取りで正面に向き直ってサシ。さらに下歌、上歌と謡い、都からはるばる山々を越えてやって来る様を示します。
三熊野に着いたので、先ずは音無の天神に参詣しますが、冬梅が匂うと、右に流して梅の香に心を奪われる形。さらに目付に出て下居し、合掌して心中の願を叶えて欲しいと祈ります。

地謡で立って常座に戻り、都より巻絹を持ってきたと案内を乞います。
このつづきはまた明日に。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1032-e32e928d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。