能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹のつづき

ツレは巻絹を献上しますが、ワキは遅参を責めてアイにツレを縛り上げさせてしまいます。地謡とかぶる形で、ワキとアイの問答があり、アイが正中に座したツレに縄を掛けます。地謡の一句「その身の科は逃れじと」の後の打切で、ワキとアイの問答が入りますが、ここで同時に幕が上がり、シテの出が待たれる形。
ここまでは小書なしの巻絹と特に変わるところはありません。

さて、ツレに縄を掛けたアイが、地謡の終わり「罪の報いを知らせけり」で「餓鬼め」と声をかけると、すぐにシテの呼び掛けになり、幕内から「なうなう」と声をかけた後、「その下人をば何とて縛め給ふぞ」と言いながら、シテがすすっと幕前に進み出ます。

装束は緋の大口を着けていますから、小書無しの巻絹とぱっと見の印象はあまり変わりませんが、水衣ではなく長絹のようで、鬘も三輪の白式神神楽同様に黒髪を後ろで束ねた形。手には幣ではなく梅の枝を持っているなど、古式な風を感じさせます。
神楽留でも梅の枝を持ちますが、こちらは大口をつけずに腰巻の形なので、見た印象はずいぶん違います。

シテは、縛られている男が音無の天神に参詣し歌を手向けた者であると言いつつ橋掛りを進み「人倫心なし」との謡までに一ノ松まで出て正面を向き、縄を解くようにと求めます。
さらに地謡で舞台に入り、ツレを後ろから見込む形になりますが、「何とか結びし 情けなや」と下がりつつシオリ、常座に立ちます。

シテは音無天神の巫女ということなのでしょうが、不思議の神通力を持っているようで、男が心中に手向けた歌を知っているという設定です。シテ、ワキの問答から、ツレが上の句を詠み、これにシテが直ちに下の句を付け、地謡がこれを受けて、神通力によって心中の歌が明らかになったのだから「とくとく免し給えや」と謡うなか、目付に出てワキ、ツレと見込み、常座に一度戻った後、ツレに寄って縄を解いてしまいます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1033-ba7e1c8e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad