FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

巻絹さらにつづき

さてワキもこの様子に納得せざるを得なくなります。
この後、和歌の徳を巡って、クリ・サシ・クセとシテの謡、舞が進んでいくことになります。

クセの上端で常の型通り上扇、大左右、さらに正先へ打ち込んで開きますが、「文殊の御顔を拝むなり」と下居して、枝を置いて合掌。「和歌の徳にあらずや」と再び枝を持って立ち上がり、「神のしめゆふ」と足拍子して、「風の解けとぞ思はるる」とワキを見込みます。

ワキはシテに祝詞を捧げるように勧め、シテは枝を両手で取って正中に下居します。
「謹上再拝」と謡い、囃子がノットを打ち出すと枝を振ります。さらに枝を左手に持って膝に立て、「そもそも当山は法性国の巽・・・」と謡います。
「華蔵世界 熊野は胎蔵界」と枝を右手にとって立ち上がり、常座に立って、地謡の「密厳浄土有り難や」の謡で答拝して神楽となりました。

常の神楽は狭義の神楽の部分を舞った後、直りとして御幣を扇に持ち替え神舞の型を舞います。これを諸神楽の小書のため五段の神楽で舞う形。これが実に良い。三段、四段と徐々に早くなり、五段に向けて盛り上がっていきます。融の十三段でも真州さんの舞に魅了されましたが、この神楽も見事でした。

神楽の後を地謡が受け、「証誠殿は、阿弥陀如来」とシテの謡からキリに入ります。
「御幣も乱れて 空に飛ぶ鳥の」と正先で枝を上げ、「翔り翔りて」と下居した後は、立ち上がって橋掛りに進み、「これまでなりや」と橋掛りに入るところで後ろに枝を捨てて「神は上がらせ給ふと言い捨つる」と二ノ松で膝をつきます。「声のうちより狂い覚めて」と立って、そのまま幕に入り、謡、囃子が残る形。

橋掛りを使うのは神楽留も似ていますが、最後の処理がまた違います。すぅっと姿を消していくシテに、名残惜しさを感じつつ終曲となるこの形も実に味わい深いものがありました。(祥人さんの神楽留についての鑑賞記と比較していただけると、型の違いがおわかりいただけると思います)
(69分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1034-486e462d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。