FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

望月もう一日のつづき

昨日は出張で泊まってしまったため、更新をお休みしました。
さて「望月」の最終回です。

子方は鞨鼓の終わりで撥を捨て、乱序の囃子となって半幕でシテが姿を見せます。

他流では、子方が「吉野龍田の花紅葉」と一句謡い、「更科越路の月雲」と地謡が受けてって鞨鼓になり、鞨鼓を舞上げた子方が「獅子団乱旋は時を知る」と謡って幕を見込み、地謡が受けて乱序の囃子の囃子になる形。微妙に違いますね。

観世流の形では、乱序の囃子で半幕となり子方は目付に下居します。
乱序の激しい囃子で、衣を被いたシテが登場し、一ノ松で一度欄干に左足をかけて舞台をうかがい、下がってから、衣を被いたまま正中に出て獅子の舞になります。
石橋の獅子とは違って、扇二枚に短めの赤頭で獅子頭の形です。期待に違わず、慈一さんの獅子は見応えある舞で、緊張感が高まります。石橋の獅子と基本的には同様の形ですが、途中、ワキの様子をうかがうような所作が入ります。

この獅子の間にワキは寝入った形になり、アイは切戸口から退場してしまいます。獅子の終わりで衣を被いたシテは正中に伏せた形になり、衣の下で獅子頭を外して白鉢巻きの姿になります。

ワキは地謡の「余りに秘曲の面白さに・・・」の謡の終わり「眠もきたる ばかりなり」で笠を置いて切戸口から退場してしまいます。
これも他流だと、ワキは寝入った形のまま座し、準備の整ったシテと子方がワキを襲って胸倉を取る形になります。その後、ワキは笠を残して退場、シテと子方が笠に斬りつけ敵討ちの成就で留めになります。
観世流も古式の小書きが付くと、ワキがすぐには退場せずに他流と同じ形になるようですが、古式というくらいですから、こちらがもとの形でしょう。

ともかく、シテは衣を被いたまま「さる程に」と謡い出し、地謡の「目を引き袖を振り」で立ち上がり、子方を伴ってワキ座に寄って、ワキの替わりの笠を刺し、本懐を遂げます。
キリになり、子方を立たせて橋掛りへと送り出し、ユウケンして留となりました。
盛り沢山の曲ですが、慈一さんの熱演で、興味深く拝見しました。
(93分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1039-8038d769

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。