FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁さらにつづき

地謡との掛け合いから、翁之舞となっていきますが、辻井さんの時に書いたように、大小前で目付を見込み、ゆっくりと一足出しては爪先を上げ静かに下ろす、という形で角まで進みます。金春流独特の型でしょうね。

左袖を被いて扇で口元を隠す形のまま舞台を一巡りし、今度は左の袖を巻き上げ面を上げてやや上方を見上げる形で扇を胸に当てる形、これで舞台を一巡りするという所作も特徴的です。

翁が舞を終え、翁還りとなると、今度は三番三の舞。
辻井さんの時には東次郎さんの三番三で、これが大変良かったという話を書きました。今回の善竹十郎さんの三番三も、実に良い舞でした。
「おーさえ」と進み出てくるところから、気合いが感じられます。この方のどこにこんな気力が秘められていたのだろうと思うくらい。

揉之段は力のこもった舞で、地に潜む悪鬼を踏みしめて大地を清めるような力強さがありました。ただし、烏飛びのところは、予想に反して軽々と飛ばれました。
そう言えば、万蔵さんや萬斎さんなど、和泉流の三番叟では褐色(かちんいろ:ほとんど黒に近い濃紺)の直垂で舞われるのを見かけますが、十郎さんは青系の直垂でしたね。

揉之段の後、いったん後見座で黒式尉の面をつけてから、面箱との問答になり、鈴を受け取って鈴之段になります。ゆっくりとした鈴之段の舞が、段々テンポを上げていく感には不思議な高揚感があって、いつもながら宗教的な意味を感じます。

一時間を越える翁でしたが、今年最初の能会のスタートとして、良い一番でした。

ところで、今回翁を勤められた山中さんですが、櫻間金太郎師の最後のお弟子さんだそうで、櫻間家の芸を伝える数少ない能楽師。櫻間家といえば、もう三十年以上も前に観た櫻間道雄さんの自然居士が今でも強く心に残っています。
道成寺の斜入や邯鄲の飛び込みなど、息をのむような型もあり、金春宗家とはまた違った芸風です。喜多流の友枝家とともに、熊本藩細川家に仕えていた家柄ですが、恐るべし熊本って感じがしますね。山中さんの一層のご活躍をお祈りしています。
(72分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1043-9f704e5e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。