FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

高砂 金春憲和(金春会)

金春流 国立能楽堂 2009.1.18
 シテ 金春憲和、ツレ 中村昌弘
  ワキ 村瀬純、アイ 大藏吉次郎
   大鼓 佃良勝、小鼓 鵜澤洋太郎
   太鼓 小寺真佐人、笛 藤田次郎

金春の高砂も何度か拝見していますが、このブログではお父様の宗家安明さんの演能について鑑賞記を書いています。

今回は、翁に続いての上演ですので・・・翁付の形で、ホントは翁太夫がシテを演じられるともっと良いようにも思うのですが、そのあたりはあきらめるとして・・・同じ高砂とはいえ、雰囲気が一段重くなるような感じがします。

以前にも書いたかとは思うのですが、翁付の形について少し触れておこうと思います。
江戸時代に幕府の式楽として能狂言が様式化されていく中で、五番立ての形に整理されてきた訳ですが、五番立ては翁に続いて初番は脇能、続いて脇狂言。次が二番目の修羅能・・・といった風に続いていく形です。
このうち、翁から脇能、脇狂言までは続けて演じられます。脇能は独立しても上演される・・・というよりも、現代では独立して演じられるのが普通ですが、この翁に続いて演じられる形を特に「翁付」と呼んでいます。

翁付の場合、金春会当日の記事にも書いたように、翁太夫がそのまま初番のシテも勤めるのが本来の形なのでしょうけれども、これまた現在では、ほとんどの場合は別の役者が勤めています。ここ数年の梅若研能会一月の会で、万三郎さんが翁と脇能のシテを演じる形を何度かなさいましたが、昨年、一昨年は別の方が脇能のシテを勤めています。

とは言え、脇能のシテは別な方であっても翁付の形ではあるので、翁のために侍烏帽子に素袍上下の姿で登場してきた囃子方や地謡は、そのままの姿で脇能も演じます。
翁が終わり、三番三と面箱が退場すると、続いて脇鼓の二人も幕から退場します。翁に限った形で、鏡板の前の後座に着座していた地謡が、常の地謡座の方に移り、脇能へと入っていきます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1044-09e72bf9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。