FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

末広 山本東次郎(浅見真州の会)

大藏流 国立能楽堂 2006.6.17
 シテ 山本東次郎
  アド 山本則孝、山本泰太郎


三番とは言え、五番立ての形式に沿った番組ということなので、脇能扱いの山姥の後は脇狂言、末広です。
「すえひろがり」ですが、大藏流では「末広」とのみ表記することがあるようですね。
脇狂言としては、末広の他にも何曲かありますが、やはりこの曲が一番良く演じられているような気がします。年に何度も観る機会がありますね。
シテの果報者は烏帽子、素袍姿で勢いよく登場してきます。脇狂言らしい演出ですが、こういう出は東次郎さんらしさが余計に引き立つ感じがします。
太郎冠者は則孝さん。すきっとした芸風で、私は好感を持っています。


果報者が冠者に末広を買ってくるように命ずる訳ですが、
「地紙よう、骨に磨きをあて」などと好みまで言う割には、肝心の末広が何であるかを告げず、また冠者も確認しないままに都に買いに出かけてしまうそそっかしさから、すっぱに騙されるという筋立て。
国語の教科書などにも取り上げられているので、良く知られた話ですが、よく知られている話をキチンと演じるのが、また演者の腕ということでしょうか。


アドのすっぱは泰太郎さん。こちらも烏帽子に素袍上下で、いかにも翁の後の脇狂言という雰囲気です。
すっぱに買わされた傘を持って冠者が帰ってきますが、当然に大騒動。さて冠者はすっぱに教えてもらった囃子物で主人の機嫌をとりますが、この囃子物が聞こえてきたときのシテの表情の変化が、いかにも東次郎さんらしい演技でなんだかホッとする感じがしました。


実はこの日の朝少し早めに着いて、能楽堂に向かって歩いていたら、ちょうど一台の車。東次郎先生が着物姿で自ら運転しての登場でした。いつぞや宝生能楽堂でも、ちょうど東次郎先生の到着に居合わせたことがありましたが、ちょっと嬉しいですね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/105-81781aca

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。