FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

景清さらにつづき

ツレ、ワキツレが後見座にクツログと、やや間を置いて、シテの詞になります。
シテはもちろん悪七兵衛景清その人ですから、尋ねてきた女が自らの娘であることに驚きます。景清は、あるとき尾張の国熱田で遊女との間に女の子をもうけ、鎌倉亀が江の谷の長に預けていたわけです。
このシテの詞に続けて、地謡が名乗らずにやり過ごした景清の心を謡います。この謡のうちに、後見座にクツロイでいたツレが立ち上がって常座へ進む一方、ワキツレは橋掛りに入り一ノ松に立って幕に向かいます。

ワキツレがこのあたりの里人と呼ぶと、ワキ里人が登場してきます。
ワキツレが平家の侍悪七兵衛景清を尋ねているのだが知らないか問うと、ワキはここへ来る途中の山陰に藁屋があるのだが人はいなかったかと問いかけます。ワキによって、最前の盲目の人こそ、悪七兵衛景清であることが明かされるわけです。

ワキツレの求めで、ワキは人丸を景清に引き合わせることとし、ツレとワキツレは向きを変えてワキ座に立ち、作り物の藁屋を見る形になります。
ワキが常座に立って「景清の渡り候か」と声をかけ、扇を打って音を立て目付に座します。

これに対してシテは「かしましかしまし」と押し止めるように声を出し、故郷の者が尋ねてきたのに我が身を恥じて名乗らずに帰した思いを語り、謡います。小刻みに手が震えるのが、景清の思いの丈を表すようです。

地謡とシテの掛け合いになり、地謡の「さてまた浦は荒磯に」と立ち上がり、藁屋の柱にすがりつつ杖を取り、「さすがに我も平家なり」で作り物を出て正中へ進み、下居して杖を置き、感情の高ぶりを抑えてワキとの問答に入ります。
このあともう一日つづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1053-e9047e51

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。