FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

日立シビックセンターに能楽座ひたち公演を観に行く

本日は日立で「能楽座ひたち公演」と題して、梅若六郎改め玄祥さんと鵜澤久さんの蝉丸、観世銕之丞さんの天鼓、それに野村萬さんの清水という番組の会がありまして、観て帰ってきたところです。

能楽座の公演は年に数度、全国で行われているようですが、日立では初めての様子。実は昨年の初秋、日立に能を観に行った際にチラシをいただきまして、これは観なくちゃ・・・と11月のチケット発売日に再度日立まで行って手に入れてきた会であります。

ただね、チラシでは蝉丸のシテである逆髪は六郎さんで、蝉丸を鵜澤久さんがなさることになっていたはずだったのですが、席について会場の入り口で配られた番組を広げてみると「蝉丸 梅若玄祥、逆髪 鵜澤久」となってまして「え!?」とビックリ。しかもよく見ると「替之型」の小書が付いています。
観世の「替之型」では両シテの扱いになり、逆髪の装束も常の唐織脱下から、緋の大口ないし緋の長袴を着け笹を持つ形に変わります。まあ六郎さんの・・・いや玄祥さんの蝉丸に久さんの逆髪というのも、素直な配役のような気もしますし、珍しい形でもあるので、これはこれで良かったなあという次第です。(帰ってきてからチラシを再度見てみると、小書の記載はなく、配役は六郎さんの逆髪に久さんの蝉丸になっているのですが、写真の逆髪は緋の長袴を着け笹を持っています。これは見落としておりました)

ところで、六郎さんが昨年秋に数百年ぶりで二代目の玄祥を名乗られてから、拝見するのは初めて。別に名前が変わったからどうだという訳ではありませんが、今日の舞台も素晴らしいものでした。蝉丸もそうですが、天鼓の地頭も勤められていて、この地謡がまた良かったんですね。たしか10年間だけ玄祥を名乗られると聞いておりますが、一層のご活躍を祈る次第です。

休憩の後の狂言「清水」は良く出る曲ですが、面白かったなあ。見所、というよりもホールなのでやはり観客席という雰囲気ですが、けっこう笑いが出てました。

天鼓は、昨年9月の銕仙会で柴田稔さんがなさったのと同じ弄鼓之舞の小書付き。柴田さんの際は、申し訳ないことに時間の都合で前場だけで失礼してしまったのですが、今回は最後まで拝見できました。(その柴田さんは本日の後見でした)
これがなあ、楽から最後までなんだか夢の世界に連れて行かれたようで、ああ、私ゃホントに能、わけても舞が好きなんだとしみじみ思った次第です。
ホール能でしたが、良い会でした。小書付でもあり、いずれ鑑賞記で詳しいところを書いてみたいと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1055-9340af50

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。