FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

淡路のつづき

辻井さんの淡路の時に書きましたが、金剛流と金春流ではツレを姥にしているようで、姥が先に立って出ますが、観世では男になっています。エブリも、金春のツレ姥は持ちませんでしたが、観世ではシテツレともにエブリを担います。

下歌のうちにシテは大小前へ、ツレは目付へと移動し、ワキが立ちあがって言葉をかけます。

ここからはワキとシテ・ツレの問答になりますが、ワキが「水口に幣帛(ミテグラ)を立て 真に信心の景色なり いかさまこれは御神田にて候か」と問うのに答え、シテは斎串(イグシ)として五十の幣帛を立てて神を祭っている由を述べ、さらにこの御田は当社二の宮の御供田(ゴクウデン)であると語ります。

二の宮であるならば、この国の一の宮はどこなのかと重ねて問うワキに対して、シテとツレは、この国の一の宮、二の宮の話ではなく、当社自体が二つの宮居を二の宮と崇め奉っているのであって、これすなわち伊弉諾・伊弉冊の二柱の神を祭るのだと答えます。

辻井さんの時の鑑賞記に、この神社が淡路国一の宮「伊弉諾神社」現在の伊弉諾神宮のことと思わることを書きました。淡路国二の宮は「大和大国魂神社」で、こちらは大和大圀魂命を主神と祀っていますから、話が合いません。しかし大和大圀魂命ってどんな神様なんでしょうね。大国主命のことのようにも思えるのですが、よく分かりません。

シテ、ツレの「伊弉諾と書いては種蒔くと読み」「伊弉冊と書いては種を収む」という詞から謡になり、地謡の「種を蒔き、種を収めて苗代の」でワキがワキ座へ、ツレが地謡前に着座。シテは目付へと出て角トリし、常座へ戻って小回りして開き、正中へ出て下居します。
全体に早めの運びで、この地謡の部分も観世らしいテンポの良い謡です。

正中に下居したシテに、ワキが当社の神秘を物語るように促し、シテが答えて地のクリ。後見が寄ってシテの肩上げを下ろします。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1057-4b692624

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。