FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

翁 宝生和英(第49回式能)

宝生流 国立能楽堂 2009.2.15
 翁 宝生和英
  三番三 大藏吉次郎、千歳 東川光夫
   大鼓 國川純、小鼓頭取 曾和正博
   胴脇 住駒充彦、手先 森貴史

このブログで翁を取り上げるのは七度目。この後は、特殊な小書付でもない限り翁について鑑賞記のような形では取り上げないだろうと思うのですが、今回は五流で唯一、翁の鑑賞記を書いていない宝生流ですので、通常の形の翁の最終回のようなことで鑑賞記を書いておこうと思います。

翁の基本的な形式は、各流でそれほど違いません。大きく異なっているのは、上掛りでは千歳をシテ方が舞うのに対して、下掛りでは面箱持ちの狂言方が兼ねることでしょう。

しかし、翁之舞を見比べてみると、各流それぞれに違いがあって興味を引きます。
特に宝生の翁之舞は、唯一半身になる型があります。不思議なことに、他流の翁では半身で開いたりする型が出てきません。
いつぞや、亡くなった観世栄夫さんと、田崎隆三さんのお二人で、古式の翁として翁の相舞を見せる試みがありました。このときは、観世の型と宝生の型がいかに違うかがよくわかりました。

さてその宝生の翁ですが、今回は昨年二十代宗家を継承された宝生和英さんが翁を勤められました。昨年10月の東京での宗家継承披露能以降、九州でも宗家継承披露をされていて、その都度、翁を舞っておられることもあってか、堂々とした翁でした。

お若い宗家の翁だからということなのか、通常では若い能楽師が舞う千歳をこの日は東川光夫さんが舞いました。東京での継承能では武田孝史さん、九州の継承能では辰巳満次郎さんが千歳を勤めておられるということで、流儀をあげて宗家を支えていこうということなのだろうと思います。

さてその翁の実際は明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1061-ccb77e54

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。