FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

西王母さらにさらにつづき

待謡の後、囃子方が下り端を奏します。
猩々の出にもつかわれる囃子ですが、なんだか楽しくなるようなリズム感があります。

囃子のうちに後シテ西王母が、後ツレ侍女を連れて登場し橋掛りに立ちます。緋の大口に舞衣、天冠を着けた天女の姿ですが、太刀を佩いています。これがただの天女ではない、西王母のしるしのようなものでしょうね。この曲に独特の雰囲気を醸し出す要因の一つにもなっているような感じがします。
同装のツレは先に舞台に入り正中に立ちますが、手には葉の付いた桃の実を載せた盆のようなものを持っています。(たしか観世ではシテが先に立って、ツレが盆を持って橋掛りに残る形だったように思います)
翁付の場合、後シテの天冠・黒垂に換えて長鬘をかけ、唐団扇を持つという話も聞いたことがありますが、今回は通常の天冠を着けた姿でした。

下り端に続いて、地謡が「面白や 面白や」と謡い出しますが、これも猩々と同様に「渡り拍子」の独特のリズムになっていて、浮き立つような感じです。シテは「孔雀鳳凰迦陵頻伽」が飛び回る様を見回し、地謡の「いろいろの捧げ物の中に妙に見えたるは」で舞台に進み、「光庭宇をかがやかし」と常座に出ます。

この項の最初に書いた山海経に出てくる西王母は、大黎、小黎、青鳥という三羽の猛禽を従え、生け贄を捧げる役目をさせていたのだそうです。しかし西王母自体が道教の偉い神様になる課程で、この猛禽たちも「お使い」に昇格していったようで、「孔雀鳳凰迦陵頻伽」の表現も、西王母が鳥を従えていたというところから、立派な極楽の鳥たちの名前が持ち出されてきたのでしょう。
なんでもこの西王母の古い演出では、青鳥役の三人の子方を出した時代もあるという話を読んだことがあります。

さてシテは、常座に寄ってきたツレから桃実の盆を受け取り「君に捧ぐる桃実の」と謡ってワキにこれを捧げた後、答拝して中ノ舞に入ります。
太鼓入りの中ノ舞は伸びやかな感じで、浮き立つようです。

舞上げた後、大ノリの地謡に会わせて、舞遊ぶ様を見せ、最後は常座で左袖を返して留拍子を踏みました。脇能らしい目出度い一曲でした。
(72分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1069-506bf5bd

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。