FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

求塚 浅見真州(浅見真州の会)

観世流 国立能楽堂 2006.6.17
 シテ 浅見真州
  ツレ 馬野正基、長山桂三
  ワキ 宝生欣哉、アイ 山本東次郎
   大鼓 安福建雄、小鼓 幸清次郎
求塚は地謡に梅若六郎師と梅若万三郎師が並ぶという、なんとも贅沢な曲でした。


一同が着座すると、舞台大小前に作り物の塚が出されてきます。
ワキ、ワキツレは西国より都見物に上る僧の一行、摂津の国、生田の里に着いたと謡います。すると若菜を摘む女たちがやって来る、ということで、シテとツレ二人が登場してきます。


ツレが先に出て、二ノ松あたりで振り返りシテと向き合う形で一声を謡います。早春のまだ淡雪が残る野で若菜を摘もうと謡いますが、シテの謡は若菜摘む春の明るさの中に、不思議な哀切が漂っていました。


独演三番という試みの凄さを、ここであらためて感じたところです。
翁、山姥も、それぞれ全く異なった演技を要求されるわけですが、とは言え「翁」は一種の儀式ですし、翁付きの形で、翁ともう一番の能が同じシテで続けて演じられるのは割合見慣れています。
このため山姥の時には、シテの性格の違いとその演じ分けということをさほどに意識しませんでした。
しかし、さらに「求塚」と続いてくると「こうも性格の違うシテを演じ分けられるものか」とあらためて感心した次第です。


別々の機会に観れば「ああ良かった」の印象で終わってしまったかもしれませんが、こうして続けて観ると、いかに性格の違うシテを演じ分けているのか、シテの技量の高さを再認識した形です。
ともかく、そう思わずにはいられないくらい、山姥とは全く性格の違う若菜摘みの女として浅見さんが登場してきました・・・続きは明日に

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/107-cc64bd39

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。