FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

佐渡狐さらにつづき

佐渡のお百姓が一度下がり、代わって越後のお百姓が年貢を納めることになります。
シテと同様に、一度常座あたりで声をかけて「違う」と言われたような一人芝居から、奥へ進んで奏者に呼び止められる形です。
無事に蔵に年貢を納めた後、越後のお百姓も奏者に判定を頼みます。

奏者が判定を請け負い、お百姓が二人して奏者の前に出て判定を受ける形になります。
奏者は何を争っているのかと問い、佐渡に狐がいるかどうかと問われて「佐渡には狐がおる」と答えます。

越後のお百姓は納得いきませんが、奏者が「いる」というので、それなら狐はどんな様子なのかと佐渡のお百姓に迫ります。ここから佐渡のお百姓のとんちんかんぶりが示されるのですが、奏者に狐の特徴を聞いて大方覚えたと言っていた割には、うまく答えられません。
舞台前方に、目付柱の方から佐渡のお百姓、中央に越後のお百姓、ワキ座側に奏者が座していますが、奏者が真ん中の越後のお百姓越しに、越後のお百姓の問いの答えを佐渡のお百姓に伝えようと苦戦するところが笑いを誘います。

なんとかその場をしのぐと、勝負あったと奏者は本幕で退場してしまいます。

さて収まらないのが越後のお百姓で、懸けものの一腰を奪われて、ふと最前は狐の鳴き声を尋ねなかったことを思い出します。
早速に佐渡のお百姓に狐を鳴き声を尋ねますが、奏者が教えてくれた狐の特徴には鳴き声が含まれていません。そこで佐渡のお百姓は、犬より小さいとか、尾はふっさりとしているなどと、奏者から聞いた狐の特徴を繰り返しますが、それは鳴き声ではないと越後のお百姓にツメ寄られます。

とうとう困って鶏の鳴き声をしてしまい、それは鶏の声と越後のお百姓にやり込められて、腰の物を二本とも持って行かれてしまいます。
喜び勇んで退場していく越後のお百姓を、自分の一腰は返せと佐渡のお百姓が追い込んで留になります。囃子も入って最後は謡舞などで留める形の多い脇狂言とはいささか異質ですが、たしかに愛される狂言ではありますね。
(35分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1072-6d50cd53

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。