FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蝉丸 替之型 鵜澤久・梅若玄祥(能楽座ひたち公演)

観世流 日立シビックセンター 2009.2.21
 逆髪 鵜澤久、蝉丸 梅若玄祥
  ワキ 宝生閑、アイ 野村萬
   大鼓 安福光雄、小鼓 大倉源次郎
   笛 松田弘之

本日から「能楽座ひたち公演」の鑑賞記です。
会の当日のブログに書いたとおり、六郎さんが玄祥を名乗られてからは初めての観能。しかし事前に見ていたチラシでは、小書無しで逆髪を六郎さん、蝉丸を久さんの配役になっていたのですが、当日パンフレットを見ると替之型の小書きが付き、逆髪が久さん、蝉丸が玄祥さんとなっていました。これは正直ビックリしたのですが、とはいえ替之型の小書では両シテの扱いになることもあり、これはこれで納得いく配役と思った次第です。

さて舞台上にはまず作り物の藁屋が運び出されてきます。
後見は運び出した藁屋を、笛座前あたりに戸口を目付柱の方へ向けて、斜めになる形で据え付けます。この置き方は替之型の特有の形で、観世流では通常はワキ座に置きます。

まずは次第で蝉丸一行の登場になります。蝉丸の玄祥さんは薄青のような色の指貫に紺地の狩衣。装束附には単狩衣または直衣になっているのですが、形としては狩衣だったと思います。ただし、後述のように出家の形になるため水衣を着込んでいるので、いささか形が違うような印象です。後からワキツレ輿舁の則久さんと御厨さんが輿を差し掛ける形。一方で白大口に茶系の、あれは長絹ですかね、一行の斜め後ろにつくような形でワキの閑さんが登場します。

正中というよりは、やや舞台左寄り。ワキ正に少し寄った形で一行が立っての次第謡です。藁屋の位置との関係でしょうか。ワキが延喜第四の御子、蝉丸の宮であることを名乗りで明かし、逢坂山へと向かいます。
道行の謡の後に着きゼリフがあり、ツレ蝉丸は地謡座の前で目付柱の方を向いた形で床几にかかります。

ツレ蝉丸がワキの廷臣清貫(キヨツラ)に、自分をこの逢坂山に捨て置くのかと問いかけます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1078-69b35924

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。