FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蝉丸のつづき

蝉丸に問われた清貫は、常座に下居したままで心ならずも捨て置くこととなった旨を述べて両手を突き、恐縮の意を示すような形です。
しかし蝉丸は、自らが盲目なのは前世の報いであるとし、過去の業の償いをさせようと父帝がこの山野に捨てさせ給うのだと語ります。

しかしワキはさらに、宣旨なので「御髪を下ろし奉り候」と蝉丸に出家を迫る形になります。この詞、閑さんの物言いが実にゆっくりとかつ悲しい感じで、感情をふんわりと包んだ能らしい表現と感じました。

物着になり、蝉丸は一度床几を立って座し、狩衣を外して水衣の姿になります。さらに喝食鬘から角帽子を着けて出家の姿となるわけです。
装束を着け終わると蝉丸が謡い出し、後見がワキの後にそっと笠と杖を置きます。

ワキは蓑を差し上げようと言い、またツレとのやり取りで笠も差し上げようと言って、立ち上がって笠を取り蝉丸に渡します。さらに常座に戻って今度は杖を取り「またこの杖は御道しるべ」と杖を蝉丸に渡します。

蝉丸と清貫の掛け合いの謡となり、地謡が受けて謡う中、後座、鏡板の前にクツロイでいたワキツレ輿舁が立ち上がって狂言座に出、「さりとてはいつを限りに有り明けの」とワキがツレに両手を突いて別れを告げる形になり、「早帰るさになりぬれば」と立ち上がって橋掛りへと向かいます。
蝉丸は「皇子はあとに唯ひとり」で立ち、正中へ杖突きつつ出ますが、タラタラと下がりつつ笠、杖を捨て、座してモロシオリになります。

ワキ、ワキツレが退場するとアイ博雅の三位が登場してきます。括り袴に水衣、洞烏帽子で常座に出て名乗り。博雅(ハクガ)の三位は源博雅で、十訓抄に名笛「葉二つ」を手に入れた話があると以前書きました。萬さんの博雅は陰陽師に出てくる博雅のような颯爽とした雰囲気ではありませんが、他人の身の上まで心配しそうな、いかにも人の良さそうな雰囲気が出ています。
さてその博雅の三位の様子はまた明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1080-8763967d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。