FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

天鼓さらにつづき

クセを省いて、地謡が「鼓の時も移るなり 涙を止めて老人よ 急いで鼓打つべし」とロンギを謡い出します。クセの直前は謡が低い音で終わっているため、上音からの謡い出しに、ちょっとつながりが悪い感じはしますが、気分を変えてといった雰囲気ですね。

シテは「急いで鼓打たうよ」と謡うと、地謡で立ち上がり「老の歩みも足弱く」で一足ずつゆっくりと鞨鼓台に近づきはじめ、撥を取って「打てば不思議やその声の」に合わせて鼓を打つ型を見せます。鳴らぬ鼓が鳴ったような気分です。
「君も哀れと思し召して」で足拍子を二つ踏み、手に持った撥を一本ずつ落として、正中に座しモロシオリとなりました。

鼓が目出度く鳴ったことから、天鼓を管弦講で弔うとの勅諚があった旨をワキが述べ、老人を私宅へ送るようにとアイを呼びます。
呼ばれたアイが出て「まずお立ちゃれ」と声をかけて、シテの後から立たせる形になりますが、シテが立ち上がる時に、ふと鼓に目をやったように見受けました。

アイはシテの後から支えるように送り込み、シテが幕に入ってしまうと常座に戻って、立ちシャベリでこれまでの経緯を語ります。さらに正中でワキに向かい報告すると、ワキから管弦講の触れをするように命じられ、常座で触れてからワキに報告して、切戸口から退場しました。

ワキは立ち上がり、地謡座の前で「さても天鼓が身を沈めし 呂水の堤に」と謡い出し、待謡へと謡っていきます。謡い終えたワキは、ワキ座に戻って着座し、一声の囃子で後シテの出となります。
黒頭に半切、袷法被を脱下げて唐団扇を持った後して天鼓が登場してきます。
いよいよ舞台は盛り上がってきましたが、さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1088-78358b58

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。