FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

天鼓さらにさらにつづき

現れ出でた後シテは、一ノ松でサシ「あらありがたの御弔ひやな」を謡い出し、管弦講で弔いを受ける有り難さを謡います。
ワキ、シテの掛け合いで、天鼓の亡霊が現れたことが明らかにされ、ワキは「はやはや鼓を仕れ」と天鼓に鼓を打つように促します。

シテは「うれしやさては勅諚ぞと」と謡いつつ舞台へ入り、常座からワキ正へ出ます。シテ、ワキの掛け合いになり、この間にシテは唐団扇を後見に渡し、鼓に寄って撥を取り「打ち鳴らすその声の」と鼓を打つ型になります。
さらに舞台を廻って数拍子を踏み、再び鼓に寄って「手向けの舞楽はありがたや」と打つ型を見せますが、この打つ形にちょうど太鼓が合わせて、さながら天鼓が鼓を打った様です。そしてここから楽に入っていきます。

楽は、通常では太鼓が入りませんが、この弄鼓之舞の小書きがつくと、太鼓が入った盤渉楽になります。この太鼓が入った盤渉楽というのは、金春の盤渉の小書も同じですが、途中から調子が上がることで、鼓を打つ天鼓の歓びがより鮮明に表されるような気がします。
段が変わって調子が盤渉調に上がると、舞がいよいよ華麗になっていく感じです。さらに四段では橋掛りへと入り、二ノ松まで進んでから戻り、一ノ松で袖を被いて再び舞台へと戻ってきます。
太鼓を撥で打つ型もあり、見応えのある舞でした。

楽を舞上げると、シテの「面白や時もげに」からの謡舞。ここは仕舞でよく舞われる部分ですが、私も大好きなところ。メモ取る手も止めて見入ってしまいました。
このキリの部分もだいぶん変化していて「水に戯れ波を穿ち」も膝をついて、波を打つような常の型から、立ち上がり様に波を蹴立てるような足使いを見せたり、「時の鼓 数は六つの巷の声に」で踏む六拍子も、替の拍子を踏んだり、見所満載の感じでした。

ホールで観る能の時は、能楽堂で観るよりもテンションが下がり気味になりがちですが、すっかり能の世界にはまり込んだ一曲でした。
(60分:最後はすっかり見入ってしまってメモがちょっと怪しいのですが当日の上演時間はほぼ60分でした)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1089-f308a9aa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。