FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

蟻通さらにつづき

シテの謡を受けて地謡となり、「君が代の直なる道を現せり」とシテはワキを向いて思いを伝える風を見せた後、正へ直してクセになります。宝生の朝倉さんのときはこのクセに入るところで着座しましたが、いささか展開が違いますね。

クセは通常、地謡が謡を進め、途中シテが上端を謡って地謡が続ける形ですが、この曲ではワキが「かかる奇特に逢坂の」と謡って立ち上がり、ワキの仕舞の形になります。正面に向き直って倒れている馬を引き立てる所作。馬が立ち上がったとして「誰か神慮のまことを仰がざるべき」と下居して両手をついての拝礼になります。

平伏から直ったワキはシテに向かって祝詞を上げるように求めます。
二人立ち上がり、ワキがワキ座へと下がって着座する一方で、シテは常座へ向かい後を向いて肩上げを下ろし、幣を受け取って正中に下居するとノットの囃子になります。シテは「いでいで祝詞を申さんと」と謡い出します。
このノット、何度も書いてますが不思議な高揚感があって私は好きです。

シテはやや腰を浮かせて答拝し幣を振って「謹上」と謡い、地謡が「再拝」と受けます。さらにシテが幣を膝に立て「敬ってもうす神司」と謡い出します。祝詞を奏上する形ですが、この途中「そもそも神慮をすずしむること」あたりから太鼓が入ります。朝倉さんのときはノットから太鼓が入ったように記憶していますが・・・

シテは謡の最後「思ひ出でられて」で立ち上がって立廻をみせ、さらに謡い舞いしますが「仮に姿を見ゆるぞとて」とワキを見込むと、さっと向きを替え後ろ向きに御幣を捨てて、すすっと歩を早めて一ノ松まで進み、そのままゆっくりと退場します。
これに代わってワキが立ちあがりユウケンをして、留めの拍子。
大変趣深く、味わいのある能でした。

この日、本田さんは小尉の面でした。後援会通信に書かれたお話では、以前からお持ちのこの小尉を蟻通に用いようとお考えだったそうです。この面、小尉としての形式化が進む前からのリアルな形を残したものとのことで、ある意味、人間らしい感じと、同時に眉根あたりに皺が刻まれ、これが神の憑物を表しているようにも感じられるところ。面に寄せる能楽師の思いを、様々に想像したところです。
(57分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1096-e2264055

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。