FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

春日龍神 山井綱雄

金春会定期能 国立能楽堂
 シテ 山井綱雄、ワキ 森常好、アイ 大藏基誠
       大鼓 亀井実、小鼓 観世新九郎、太鼓 桜井均、笛 一噌隆之



昨年暮の道成寺、あれ以来の山井さんの能ですが、曲は春日龍神。



栂尾の明恵上人が入唐、さらに渡天をしようと思い立ち、春日明神に参詣するというのが発端。
ワキ明恵上人が登場し「是は栂尾の明恵法師にて候」と名乗ります。森さん、堂々たる上人ですねえ、正面でみていると本当に大きい。



やがてシテの出になりますが「お幕」の声がゆったりと聞こえて、それに呼応するようにゆっくり揚げ幕が上がります。
前シテは宮守の老人。
いや山井さん、道成寺を経て、一段大きくなったような感じです。老宮守の風格が出ていて、思わず見入りました。



初めて山井さんの能を拝見したときも、お若いのに前シテに風格があって、それで興味を持ったのですが、以前にも増して雰囲気が出ているように感じました。



明恵上人の入唐を止めさせようと、様々に言葉をかけるわけですが、このあたりの謡もなかなか。さらに高橋忍さん地頭の金春の若手地謡陣が、良く息の合った地謡でシテをバックアップしている感じです。
中入り前の地謡は特に良かったですね。この「我は時風秀行ぞ」というのは妙な文句で、時風と秀行は、私の地元茨城の鹿島から、春日山に遷る武甕槌神に従ってきた中臣時風と中臣秀行という二人の人物のはずなのですが・・・



それはさておき、シテと交代にアイの末社の神が登場し、これから三笠の山に五天竺
を写し、様々な奇跡を見せる、ともう一度語ります。



さて早笛で後シテが登場。
速い!
竜神の舞をみながら「そうそう山井さんは舞が上手だったんだ」と再確認。



うまく表現できないのですが、例えばオートマの車を運転していてバックから前進に切り替えるときに、いったんブレーキをきっちり踏んで完全に止まってからじゃなく、流れるようにバックから前進に切り替えられた時のような、なんともいえない感じなんですね。
たぶん天性のものがあるのではないかと思うのですが、なかなかこういう舞をされる方に出会いません。
以前、山井さんの融を拝見したときも、後シテの舞に同じような印象を持ちました。



というわけで春日龍神には大変満足したのですが、若い方たちの地謡も曲調に合って、満足できました。地頭、高橋忍さんの声が全体を引っ張っているのが良くわかりましたが、実は当日、正面やや右側の席を取ったので地謡後列がよく見える場所。見た目には辻井八郎さんの謡ぶりが大変印象的。
辻井さんはご趣味が格闘技全般とのことですが、春日龍神の謡と「格闘」中の感じでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/11-6d02b8f2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。