FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

道成寺さらにさらにつづき

物着アシライは途中から小鼓が打つのをやめ、大鼓だけの囃子が続く中を烏帽子を着けたシテは立ち上がります。床几から降りていた小鼓方が、これに合わせるようにやや斜め、正中に合わせるような向きで床几にかかります。シテは橋掛りに入って一ノ松から鐘を見やり、大鼓の鋭い音にのって舞台に入りワキ正で「あれにまします宮人の・・・既に拍子を進めけり」と謡って次第になります。観世流だと、気が急く思いが垣間見えるような謡になりますが、割と抑えめの感じです。

このあたりの順序は流儀によって微妙に違いますが、シテの「花の外には松ばかり 花の外には松ばかり 暮れ初めて鐘や響くらむ」とかみしめる様な謡の後、地頭のみの地取り。地頭安明さんしか謡っていなかったと思います。この地取りが終わるか終わらないかのうちに小鼓が気合いの入った掛け声をかけて乱拍子が始まります。

この乱拍子は鐘楼への階段を上る白拍子の姿を示しているとも言われますが、長い間を置いて繰り返される小鼓の掛け声と打音、シテの独特の足使い、笛のアシライ、そして途切れ途切れに謡われる「道成の卿、承り、初めて伽藍・・・」という乱拍子謡。他曲に例のない独特の世界が展開します。
この日の小鼓は幸流の曽和さんでしたので、短い掛け声が長い間合いを強調する感じ。あの間合いを取るのはシテも難しいところだろうと想像します。
ちなみに大倉流だと掛け声が長く引かれ、高く、低く変化もあって、これはまた独特の世界が開ける感じがします。観世流、幸清流は中間くらいの印象でしょうか。

乱拍子謡の最後「山寺のや」から急調子の囃子となり、鐘を見上げたシテが急ノ舞を舞います。乱拍子の息を詰めるような緊張感、じっとりと時間が粘度を増すような世界から、一転してこれまた他曲にないような早い調子の舞。舞終えるとシテのワカ「春の夕暮れ 来てみれば」から地謡のノリ地へと続き、「撞かんとせしが」と鐘を見上げ撞く型を見せたシテは、烏帽子をワキ座方向へ払い落とすと、目付側から鐘の外に立って縁に左手をかけ、足拍子を踏むと、落ち始めた鐘の中にまさに飛びいります。この型が斜入と言われる金春、というか櫻間系の独特の鐘入です。

鐘入りの型は各流様々で、観世流のように正面を向いたシテが鐘の真下に入り、万歳するように両手を鐘にかけて足拍子を踏んで鐘入りとなる型もあり、また宝生流のように笛柱の方へ斜め後ろを向く形で鐘の下に入り鐘入りとなる型など様々です。

この片手をかけたところから飛び入る斜入ですが、櫻間家に伝わる独特の型だそうで、同じ金春流でも櫻間系の先生方しかなさいません。本田家は光洋先生のお父様、名人といわれた本田秀男師が櫻間系の重鎮であり、そうした経緯から斜入を伝えられているようです。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1104-e9839d10

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。