FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

佐渡狐 善竹富太郎(東京金剛会)

佐渡狐は今年の式能で観たばかり。しかも同じ大藏流で、十郎さんも出ておられまして、今回も基本は全く同じです。
そう言う意味では、あらためて記載するところも少ないのですが、そこはそれ、人が変わると微妙に印象が違うもの。気付いたことなど、いくつか記載しておこうと思います。

なお当日いただいた番組ではシテ・アドの別や役名などの記載が無く、佐渡狐の曲名の下に善竹十郎さんのお名前、その下、左に富太郎さん、右に大二郎さんが記載されていました。この形だと十郎さんがシテの佐渡のお百姓になると思うのですが、実際の配役では十郎さんは式能と同じ奏者で、富太郎さんが佐渡のお百姓、大二郎さんが越後のお百姓でしたので、それに従った形で上記のシテ、アドの別を書かせていただきました。

さて舞台上には越後のお百姓、大二郎さんが狂言袴に掛け素袍の出で立ちで登場。続いて出た長上下姿の奏者役十郎さんは笛座に控える形になります。大二郎さんは扇を右肩に当てる形で、これは年貢の荷を担っているという形でしょう。地謡座前に着座して人を待つことにすると、佐渡のお百姓富太郎さんが、やはり狂言袴に掛け素袍、右肩に扇を当てて登場してきます。

二人同行しようということになり、さて「同心か」と一方が問い、もう片方が「同心でござる」とのやり取りがあります。時代劇で奉行所の役人として出てくる同心が、もともとはこういう使われ方をした言葉だったというのも面白いところ。
また、佐渡に狐がいるかどうかの言い合いのうちに、一腰(ヒトコシ)を賭け禄にすることになります。「一腰」は一ふりの腰の刀。また「賭け禄(カケロク)」は金品をかけて勝負すること、また、そのものを言いますが、こんな話に大切な刀をかけてしまうところが狂言らしいところでしょう。
この話、もう一日つづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1110-af0287f8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。