FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗 工藤寛(東京金剛会)

金剛流 国立能楽堂 2009.3.21
 シテ 工藤寛、牛若 山根あおい
  花見 加藤愛花 城尾祐衣 田崎智子 辻井穂実 町田遼 辻井祐輝
  ワキ 野口敦弘、ワキツレ 野口能弘 野口琢弘
  アイ能力 大藏吉次郎、木葉天狗 大藏教義 宮本昇 榎本元
   大鼓 安福光雄、小鼓 古賀裕己
   太鼓 観世元伯、笛 内潟慶三

鞍馬天狗というと、その昔は嵐寛寿郎、間近くは萬斎さんがなさった幕末の時代劇をふと思い出してしまいますが、もちろんこちらは本家本元、幼少の義経が剣術を習ったという鞍馬山の天狗の話です。

囃子方、地謡が着座すると、舞台にはまず前シテ山伏が登場してきます。白大口に黒と緑の縞の水衣、篠懸をかけて兜巾を載せた典型的な山伏の姿です。常座まで出たシテは、鞍馬の奥僧正が谷に住む客僧と名乗り、当山で花見の会がある由を聞いたので、出かけてよそながら花を眺めようと言って、後見座にクツロギます。

このシテの詞の途中で幕が上がりアイの能力が登場してきます。橋掛りを進んだアイは常座で名乗ります。アイは鞍馬寺西谷に使えている能力で、毎年当山で花見があるが、今年は一段と見事なので、案内の使者として東谷に行くところと語ります。
この間に、子方牛若を先頭に、花見六人の子供達とワキの東谷の僧とワキツレの住僧が登場し、橋掛りに並んでいます。着飾った子供達が橋掛りに並ぶのはかわいらしいところ。この子方の役、花見の稚児は、特段の所作もないため能楽師の子供達の初舞台となる例も少なくないようです。
能楽師の方のプロフィールなどで「初舞台は鞍馬天狗」と有れば、まずはこういう事ですね。

さてアイは子供達の後を通って幕前近くに立つワキに文を渡します。西谷からの花見の誘いの文をワキが読み上げ、地謡が受けて「花さかば 告げんと言ひし山里の」と謡う中、一同が舞台に入り、牛若がワキ座に立ち、順に稚児達が並んでワキがちょうど大小前に至る形で着座します。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1113-804e82c2

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。