FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗のつづき

一同が着座し花見の形になります。
ワキはアイを呼び出して舞を舞うように命じ、これを受けてアイが出て「いたいけしたるものあり」と小舞を謡いながら舞います。この小舞、大藏流では「いたいけしたるもの」と題されていますが、和泉流では「小弓」とか「風車」といった題でよばれるようです。

この舞の途中で、後見座にクツロイでいたシテが立ち上がって常座に出、暫くこの様子を見た後に大小前、ワキ・ワキツレの前に出て安座します。
舞終えたアイは見知らぬ山伏が現れたことを見とがめて、ワキに狼藉者なので追い立てようと申し出ます。

しかしワキはこれを押し止め、そうこう言うよりも、花を見るのは明日でも良いので自分たちが立ち去ろうと言います。ワキが源平両家の子供達が居並ぶこの席に他人が入るべき事ではないが、という説明をする場合もあるようですが、この日は割とあっさりしたやり取り。アイはどうでも山伏を追い出そうと言いますが、重ねてワキはアイを押し止めて、子供達を連れて立ち去ってしまいます。

ワキ、子方が退場すると、アイはシテに「これをいただかさたいなあ」と拳を振りかざしますが、結局は「腹立ちや 腹立ちや」と言いつつ走るように退場してしまい、舞台にはシテと、牛若だけが残されます。

シテは舞台が静かになると、「言語道断のことにて候」と語り出し、皆が座敷を立ってしまったことを述べてサシ謡「遥に人家を見て花あれば即ち入る」と謡い出します。鞍馬山の本尊は大悲多門天、貴賤や親しさの度合いなどで差別せぬのが大悲の心だろうにと嘆きます。
これに対して牛若が「げにや花の下の半日の客」と謡い出し、こちらによって花を見るようにとシテに声をかけます。山根あおいさん、大きな声ではっきりと謡い子方の謡としては好感持てるところ。

この心映えにシテは優しさを感じるところですが、地謡の上歌では「馴れは増らで恋のまさらん悔しさよ」と、「恋」と表現されています。
シテは稚児達がみな帰ってしまったのに、なぜ一人残ったのかと牛若に問いかけます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1114-fcbde9c3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。