FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島 高橋憲正(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2009.4.18
 シテ 高橋憲正、ツレ 當山淳司
  ワキ 大日向寛、アイ 小笠原匡
   大鼓 高野彰、小鼓 田邊恭資
   太鼓 桜井均、笛 小野寺竜一

「竹に生まるる鶯の」と、ワキ、ワキツレの次第で始まるこの曲ですが、この「竹に生まるる」が妙に記憶に残っています。一体どこで覚えたのか、別に稽古して覚えたという訳でもないのですが、我ながら不思議です。

さてこの竹生島という曲、脇能ではあるのですが、以前から書いているように脇能にはいくつかのパターンというか、系統があるようで、この竹生島は嵐山や賀茂などと似た構成です。私の好きな高砂や弓八幡などの神舞を舞う曲とは、いささか感じが違うところ。

とは言え、今回はなんと言っても高橋憲正さんのシテなので、東京では年に一度か二度しか拝見できない憲正さんのシテを楽しみに観能したところです。会場で同じく憲正さんファンの方とも久しぶりにお目にかかりました。

さて舞台にはまず一畳台が運ばれてきて、大小前に据えられます。ふと見ると台掛けが波の文様になっています。竹生島だからなのか、気が利いた感じがするところです。
続いて宮の作り物が出されてきて一畳台の上に載せられると準備が整った形。冒頭に書いたように、ワキ、ワキツレが登場して次第を謡います。

小野寺さんの笛がなかなか良いなあと思いつつ、真ノ次第の囃子を聞き、脇能らしい雰囲気が醸し出されました。
白大口に紺地の袷狩衣、風折烏帽子のワキ大日向さんの臣下が先に立ち、いわゆる赤大臣のワキツレ従者二人、則久さんと御厨さん登場してきます。

向かい合っての次第謡で「竹に生まるる鶯の」と謡い出し、竹生島に参詣することが謡われます。次第から、ワキの詞、三人での道行となり、鳰の浦にやって来たことになります。ワキは釣り船に乗って浦を眺めようと述べてシテの出を待つ形になります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1118-ec06dd93

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。