FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

田村 内藤飛能(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2009.4.18
 シテ 内藤飛能
  ワキ 梅村昌功、アイ 高部恭史
   大鼓 大倉栄太郎、小鼓 住駒俊介
   笛 成田寛人

このブログを書き始めて以来、田村は三番見ているのですが、たまたまと言えばたまたま、すべて下掛り。18年に金春の本田光洋さんがなさった白式の小書付(鑑賞記は)、19年には喜多流中村邦生さんの白田村(鑑賞記は)、そして20年に同じく喜多流大村定さんの小書無しの演能(鑑賞記は)ということで、上掛りの田村は本ブログでは初登場です。

流儀による違いがそれほど大きい曲ではありませんが、気付いたことなどを含めて書いてみようと思います。

まず舞台には次第でワキ東国方の僧の梅村さんと、ワキツレの従僧、舘田善博さんと森常太さんの二人が登場し、舞台中央で向き合っての次第。ワキの名のりで、この度都へ上ろうとすることが語られて道行、そして着きゼリフとなります。
角帽子に水衣の着流し僧ですが、人待つ形でワキ座に着座します。

ここに一声の囃子で前シテの童子が登場してきます。
白式系の小書がつくと前シテも白の水衣になりますが、常の形では緑系の水衣が多いようです。この日も縫箔に緑の水衣。童子の姿で、右手に箒を持っての登場です。
シテの内藤飛能さん、実はツレやトモとしては何度も拝見しているのですが、シテはこの日が初めてです。たしか昨年に初シテをされたと思うのですが、ともかくお若いシテで、どの様になさるのか興味を持って拝見しました。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1126-2f4bdb53

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。