FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

田村さらにつづき

これも以前に書きましたが、この曲、修羅物としては大変異質な曲でして、前シテが一般的な老人ではなく童子だったり、前後にクセがあり、かつ舞グセであることなど、常の修羅物とは相当に違っています。
むしろ観音信仰をベースにした脇能的な曲とも言って良い曲で、全編を通して祝祭性が感じられるところです。

クセを舞終えるとロンギになり、シテはいったん正中に下居します。地謡との掛け合いから、地の「わが行く方を見よやとて」で立ち上がったシテは、田村堂に姿を消したと中入になります。
中入の後は語りアイで、清水寺門前の人がワキの求めに応じて、清水寺の縁起から坂上田村麿の鈴鹿山鬼退治を語る形です。

アイが下がりワキの待謡。桜の木陰で夜通し法華経を読誦します。これを受ける形で一声の囃子で後シテが登場します。

後シテは小書無しの基本の形で、袷法被肩脱ぎに半切、右折の梨打烏帽子に白鉢巻きの姿で、甲冑を帯びた形を表しています。
常座に出て一セイを謡います。ワキの詞に目付に出つつ坂上田村丸の霊であると明かしたシテは、地謡で舞台を廻り、正中に進み出て床几にかかります。

前後にあるクセですが、後場は床几にかかった形で始まります。伊勢の国鈴鹿の悪魔を鎮めよとの命に、田村麿が進軍した様を語る形になっていますが、床几にかかっているのは馬上にあることを示す形。
「弓馬の道も先駆けんと」で立ち上がり、クセの後半は舞グセになりますが、そこは修羅物ですので、戦の形を見せる所作が主体となったところ。

さらにクセを舞上げてのカケリになります。他の修羅物のように修羅道の苦患を表すものではないので、すっきりした感じです。
そして「いかに鬼神もたしかに聞け」とキリの部分に入っていきます。
お若いシテらしい、きりっとした舞で好感が持てました。
(78分:当日の上演時間をおおよそで記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1128-b11d9798

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。