能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

豪華な仕舞(浅見真州の会)

「浅見真州の会」の鑑賞記の最後として、能以外の話。


当日は、山本順之さんの謡に北村治さんの小鼓で一調「松虫」、そして仕舞二番が演じられました。松虫は渋い、大人の芸ですね。


仕舞二番は、宗家清和師の源氏供養と銕之丞さんの弱法師。久しぶりに素顔の清和さんを拝見しましたが、さしがにお歳の顔になられましたね。
各種パンフレットなどの写真は、お若いときのままですが、年月が流れているのだから当然ではあります。
もちろんその分だけ、仕舞にも趣深くなったように感じました。しっとりとして良い曲です。


銕之丞さんは、本当に機会がなくて、この春の翁以外はもう何年も装束能を観ることもなく、仕舞だけしか観ていませんが、いや弱法師、良かったです。


弱法師(ヨロボシ)の仕舞は、盲目となった少年俊徳丸が日想観によって日輪を見る「おう、見るぞとよ」の一節が白眉ですが、装束も面もつけないのに見事に弱法師の世界が広がり、なんだか泣けてしまいそうでたまりませんでした。
半眼・・・ほとんど目を閉じたようにして演じられていたのが印象的な仕舞でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/113-9d2fdd8a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。

FC2Ad