FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鬼瓦 山下浩一郎(五雲会)

和泉流 宝生能楽堂 2009.4.18
 シテ 山下浩一郎
  アド 小笠原匡

鬼瓦は、このブログではこれまで二度、善竹十郎さんがシテをなさったもの(鑑賞記)と山本則直さんがシテをなさったもの(鑑賞記1)を載せていますが、いずれも大藏流です。

この曲も蝸牛と同様に、流儀による違いがそれほど大きいものではありませんが、和泉流の鬼瓦ということで、気付いたことなど書いてみようと思います。

舞台にはまず素袍上下に烏帽子を着けたシテが登場し「遙か遠国の大名」と名乗ります。実は以前にも書いたように、大藏流ではこの日のように烏帽子をつけ、素袍上下の大名が登場し遠国の大名と名乗りますが、和泉流ではシテが長上下で出る「遙か遠国の者」とされているのが通常の形だと思います。もちろん狂言の場合、流儀よりも家々によっての違いが大きいので、野村家では大名姿にするのかも知れません。
とは言え大名でも主でも、違うのは設定だけで、その後の話は同じ展開です。

大名は常の如くに太郎冠者を呼び出し、訴訟叶って安堵の御教書をいただき、新知を拝領、さらに御暇までいただいたので、近日、本国へ帰る旨を話します。そして、これも因幡堂の薬師如来を信仰するおかげだろうから、お礼かたがた御暇乞いがてら参詣しようと思うが、どうかと太郎冠者に問いかけます。

そして二人して因幡堂に参詣することにし、舞台を廻ります。
因幡堂に到着した二人は「まず御前に向かおう」と、シテはワキ座に座し「ぢゃがぢゃが」と、本堂で打ち鳴らして拝む形。太郎冠者は常座に控えます。

さらに故郷にこの御薬師を勧請しようと思う旨を述べます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1131-9c9b3e5e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。