FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

文荷 丸石やすし(春狂言)

大藏流 国立能楽堂 2009.4.18
 シテ 丸石やすし
  アド 茂山七五三 茂山あきら

大好きな狂言の一つ、文荷。このブログでも何度も登場していますが、茂山家の狂言としては初めてでもあり、自分自身の鑑賞記録ということで少々書いておこうと思います。

丸石やすしさんは千之丞さんのお弟子さんにあたるのだそうですが、なんでもお若い頃に落語家になろうと志して、米朝師匠に弟子入りしようと思っていたところが、千之丞さんの狂言を見て感動し、とうとう狂言師になってしまった、という経歴の方なんだそうです。
昨年夏の納涼祭では、鬮罪人の町内の衆代表として安定感のある舞台を拝見しています。(鑑賞記は
今回は文荷ですので、また違った味わいですね。

さてその文荷。
まずは長上下を着けた主人、丸石やすしさんが登場し常座に出ます。太郎冠者の七五三さんと次郎冠者のあきらさんが控える形。
シテの名乗りで「久しう彼の方へ使いをいたしませぬによって」両人を呼び出し、文を届けさせようと思う旨を述べて、太郎冠者、次郎冠者を呼びます。

早速出た二人に手紙を届けるように命じると、両人は畏まり、早速文を届けに出かけます。万作さんがなさった時の鑑賞記に書きましたが、和泉流の本では、この主人に言いつけに対して、二人が抵抗する形になっています。
少人との文を内儀様が快く思っていないので叱られるということなのですが、今回は特に抵抗なく、むしろこのお使いでは、彼の方のところで「お茶の ご酒のとあって それを楽しみに行くことじゃ」と、両人喜んで出かける形です。

善竹富太郎さんの時はどうだったか、あまり記憶がはっきりしないのですが、芸系としては茂山家と近いので、同じような形だったかもしれません。山本家はどうなんでしょうね。
ともかくも、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1135-46bceb5e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。