FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

釣狐 茂山茂(春狂言)

大藏流 国立能楽堂 2009.4.18
 シテ 茂山茂
  アド 茂山千之丞
   大鼓 亀井広忠、小鼓 鵜澤洋太郎
   笛 藤田六郎兵衛

猿に始まり狐に終わる・・・というその狐。狂言でも最も重く扱われる曲の一つです。ちなみに大藏流で極重習とされるのは、この釣狐と狸腹鼓、そして花子の三曲だそうですが、たしかに見応えのある曲ではあります。

最初に解説で出た宗彦さんのお話では、茂さんはすでにこの日の釣狐で四度目だそうで、舞台としては余裕ある感じなのでしょうけれども、やはりこの曲ならではの緊張感を感じるところです。

まず舞台には切戸口から囃子方が登場してきます。狂言の囃子を奏する際の常として、向かい合う形になり次第を奏します。囃子を入れなくとも演じることは出来ますが、やはり囃子が入ると、それだけ曲の重みが増すような感じがしますね。

囃子に合わせて、前シテ伯蔵主が登場してきます。黒の水衣に角帽子の僧侶姿ですが、足許は狐の着ぐるみがちらりと見える形で、狐の化けた人物であることが示されています。杖をつき、面は伯蔵主、この曲の専用面ですね。常のような足の運びではなく、狐を表す獣足で歩みます。
アドの猟師、千之丞さんは、シテの後から出て笛座前に着座し、シテは常座から斜め後ろ鏡板の方へ向いて次第を謡います。この向きを変える時に、杖を激しく動かして獣らしさを出す形ですね。

次第は「別れの後に鳴く狐 別れの後に鳴く狐 こんかいの涙なるらん」ですが、こんかいのところは狐の鳴き声を真似して謡うため、なんと言っているのか聞き取りにくいところです。たしか後悔と、狐の鳴き声を掛けたと聞いたことがあります。
このあたりまででも、出方の順番や次第の詞章など、家によっても微妙に違いがあるようですが、とりあえず見たままということで。

さてこの怪しい伯蔵主、次第を謡い終えると、またまた杖を激しく動かして正面に向きを直し、名乗りとなります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1138-5379ae40

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。