FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

安宅さらにつづき

次第の後も、一同向かい合ってサシからシテと一同の掛け合い、上歌、下歌、上歌と謡がつづき「花の安宅に着きにけり」と北陸路を進む道すがらが謡われて、安宅へとやって来ます。

シテの詞で一同は一休みすることになり、ワキ座に着座していたワキとアドアイが立ち上がってワキ座の後に下がり、向かい合ってクツロギます。ワキ座では代わって子方義経が床几にかかりますので、ちょうど義経に席を譲ったような形ですね。
同山の朝倉さんから順にワキ座側から笛座、大小前へと並んで着座し、オモアイ強力は笠と金剛杖を後見に渡して狂言座へ、シテは正中へ出て下居します。

子方とシテの問答で、安宅の湊に新関が立てられ、山伏を留めていることが語られます。シテは、これこそ一大事と一計を案じます。義経が目立つので、山伏姿ではなく強力の笈を背負い、笠を深々と被っていかにも疲れた様子で少し遅れて歩くことを提案します。
このやり取りを受けて、オモアイが後見座から笈を持って出、ワキ座に一番近い同山先頭の朝倉さんと、最後の位置で後見座近くに座していた金井さん、それに地謡の佐野由於さんが出て、三人で子方の装束を替えました。
白大口に水衣、篠懸をかけた姿から、水衣を取り、笠を被って笈を背負います。子方、山内晶生クンは同山で出ていた山内崇生さんのご子息でしょうか。大変しっかりしたお子さんで、謡の間など実に堂々としたものでした。

一方で、シテはオモアイに関の様子を見てくるように命じ、オモアイは橋掛りへ出て様子を見る形となります。山伏の首が斬って掛けられていることなどを見て「山伏は貝吹いてこそ逃げにけれ 誰追い掛けてあびらうんけん」と歌を詠み、早速報告に戻ってシテにも一首詠んだとこの歌を披露します。
これに対してシテは「汝は小賢しき者にて候」と評し、後から付いてくるようにと命じて一同に出発を告げます。
こうした緊張感のあるところで、間狂言の役割というのは上手くできているなあと思いますね。道成寺などでもそうですが、シテ方やワキ方の役者だけではこういう進行は出来ないところです。それにつけても東次郎さんの演技は味があります。格式を保って、舞台に柔らかみを持たせるような感じです。

一同立ち上がり、子方は後見座にクツロギます。シテと同山は橋掛りに入り幕前まで進んで順に引き返してきます。その間に、ワキ座後に控えていたワキとアドアイが立ち上がり、橋掛りを戻って常座に立ったシテと対峙する形。橋掛りには朝倉さんから順に金井さんまでの同山が並びます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1149-fb848ed8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。