FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

安宅またつづき

一難去ってまた一難、一同が橋掛りへと進み、最後に子方が笠を被り金剛杖を持って目付に出ると、アドアイが判官のお通りと見咎め、ワキが留めます。
橋掛りに並んだ同山は数珠を胸にしまい、刀に手を掛けて「一期の浮沈極まりぬと みな一同に立ち帰る」と今にも斬りかかろうとする形。

ここで弁慶が「ああ暫く」と一同を抑えつつ常座に出て、ワキと対峙します。
シテはなぜ留めたのかと問いますが、ワキはその強力が判官に似ているからだと答え、シテ弁慶はこれに対して、杖とって座した子方の笠を打ちます。
子方は立って逃れ、一同が舞台に進んでワキに迫りますがシテが背で制止しワキと一進一退の形になります。
双方の気迫がこもるところですが、この勢いにワキは「誤った」と一同を通すことにして、地謡方の方から回って囃子方の後にアドアイともどもクツロギます。

ここで場面は安宅の関を離れた山中へと変わります。
この一瞬の場面展開は、舞台道具をほとんど使わない能ならではの表現ですね。

子方はワキ座で床几にかかり、一同は最前と同様に地謡前から大小前に掛けて並んで座し、シテ弁慶が正中に出て両手をついて、義経に詫びる形になります。
ここがまた見せ所の一つですが、主従の涙の場面ということです。両手突いて義経に向いた弁慶は、地のクリで正面に向き直って下居し、静かに地謡が続きます。
子方のサシから、地謡が受け、さらに子方の「唯さながらに十余人」地謡の「夢の覚めたる心地して 互いに面を合わせつつ 泣くばかりなる有様かな」で、一同がシオルというのが一つのクライマックスになっています。

さてこの最後の地謡のうちに、鏡板の前にクツロイでいたワキとアドアイが立って橋掛りへと進みます。

このあとクセの謡があるのですが、この日は省略されまして・・・これが小書のためかどうかは分かりませんが、橋掛りに立ったワキがアドアイを呼びます。
最前は山伏達に厳しくあたってしまい面目もないので、酒を一つ進上しようと思うので、先に行って留めてこいと命じます。
これを受けてアドアイが一行に声をかけます。なんとも余計なお世話のような話ですが、これが最後のクライマックスへと繋がっていきます。
このつづきはもう一日、明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1151-5078d6ae

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。