FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

延年之舞のつづき

さて山中さんの論文ですが、簡単に骨子をまとめると次のようになります。
もともと安宅の舞はいわゆる男舞とはされず、「延年の舞」などと呼ばれた特別な舞だった。おそらくは山伏の遊興の舞という理由のために、この曲独自の短い舞として舞われていたらしいが、山伏の舞とされるため数珠を持って足拍子を踏む程度の型はあったらしい。

その後、時代の変遷の中で、これまた別の舞と見られていた小督の舞を含め、他の曲の男舞と同等のものに変化していき、山伏の舞の特殊な部分がなくなっていった。
その一方で「延年之舞」という特別な演出が生じてきたという展開になっています。

山中さんの説では、古い時代の「延年の舞」の特徴的な部分である、遊僧の「延年の芸」を真似た足拍子を踏む部分。扇の代わりに、あるいは扇とともに数珠も持って舞うという特徴もある、この「延年」の習事は、当初はきちんとした形が決まっておらず、長さも不定だったようです。

安宅の舞は昨日も書いたとおり、当初は短い舞で「破ノ舞」と書いている資料もあるそうですが、ともかくヲロシも無いような短い舞として舞われていたのだそうです。それが、三段の男舞として舞われるようになり、この中に延年の習事が入ったものを「延年之舞」という演出としたらしいのですね。

さらに舞は三段から五段へとなり、延年の習事の扱いが重くなっていったということのようですが、延年の部分の譜が固まっていく一方で、舞のどの部分に入れるかは、割と自由だったようです。
しかも江戸時代になって、古い時代の記憶が廃れていくと、延年の部分に新しい演出も登場し、以前このブログでも触れた観世流十五世宗家の観世元章(18世紀中頃に活躍)が、足拍子の部分に延暦寺の延年に着想した「跳ぶ型」を取り入れ、これが現在の観世流の「延年之舞」の原型となっているのだそうです。

各流儀とも、それぞれの工夫をしていったようですが、その中で特別な動きをしたのが宝生流ということです。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1154-7c00fcfa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。